館山湾花火大会の穴場6選!2017年の日程・時間は?

海上で打ち上げられる花火大会は数多くありますが、

やはり波が穏やかだと水面に美しく花火が映えてよりキレイですよね。

今回ご紹介する花火大会は、そんな水面に映る花火も楽しめる花火大会です。

千葉県館山市で開催される「館山湾花火大会」は

穏やかな海岸として知られている通称「鏡ケ浦」で開催されます。

見どころは関東最大級の大きさである8号玉が打ち上がる花火と、

100発の花火が豪華絢爛に続く特大スターマインです。

 

今回は静かな海で楽しむことができる館山湾花火大会の穴場スポットや

2017年の日程、見どころ情報をご紹介していきます!

スポンサーリンク


館山湾花火大会 2017年の日程・場所

2017年で第54回を迎える館山湾花火大会ですが、例年8月8日に開催されています。

平日休日関係なしに8月8日に開催しているので、

2017年は8月8日(火曜日)に開催見込みです。

打ち上げ時間は19時半から20時45分の予定で、

荒天の場合は翌日か翌々日に順延されます。

 

開催場所は北条海岸周辺です。

〒294-0045千葉県館山市北条 周辺

 

JR館山駅から徒歩で約10分と行きやすい場所で行われます。

当日は大規模な交通規制が行われる他、

駐車場は用意されていないので公共交通機関を利用することをオススメします。

 

館山湾花火大会の概要・見どころ

館山湾花火大会の見どころはなんといっても大きな8号玉の花火です。

直径250メートルにもなる8号玉は関東最大級の大きさで、見事な迫力です。



この8号玉の花火は海中から直接打ち上げられるので、半円の形をします。

水面に映る花火と合わせて丸い形を描く姿はとても幻想的です。

ちなみに花火大会の開催される北条海岸は鏡ケ浦と呼ばれるほど穏やかな海岸で、

よほどの天気の荒れでない限り、水面に波がたたず海に映る花火の美しさも堪能することができます。

 

また大小100発の花火が次々と打ち上がるスターマインも見事な美しさです。



周辺が海岸のため視界を遮る建物がないので、

離れた場所からも花火を楽しめると人気を集めている館山湾花火大会ですが、

当日は15万人もの人が訪れることでも知られています。

館山市の住民が5万人なので、当日は3倍もの人で町が溢れます。

多くの人が1万発の美しい花火を見に訪れる千葉県でも有数の人気花火大会です。

スポンサーリンク


有料席・チケット情報

多くの人でにぎわう館山湾花火大会ですので、

安心して花火を観覧することができる有料席があると嬉しいですよね。

しかし残念なことに館山湾花火大会では有料席の用意はないようです。

これは自力で穴場スポットを見つけるか、

早めに海岸に行き場所取りをするしかなさそうですね。

 

館山湾花火大会の穴場スポット

そんなわけで館山湾花火大会を存分に楽しめる穴場スポットの情報を集めてみました。

是非参考にしてみてくださいね!

 

穴場その1:船形漁港

〒294-0056 千葉県館山市船形

 

大きな漁港である船形漁港も穴場スポットです。

昼間は釣りを楽しめるだけでなく、「ふれあい市場」という魚を販売したり

食堂のある人気スポットがあるので、花火だけでなく館山観光も一緒に楽しむことができます。

アクセスは館山駅より隣の那古船形駅を利用すると便利です。

徒歩で約10分と行きやすいので、小さなお子様連れの方でも安心んです。

 

穴場その2:那古海岸

〒294-0055 千葉県館山市那古1497−1周辺

 

船形漁港と会場である北条海岸の間にある那古海岸も穴場スポットの一つです。

水上花火は若干見えづらくなってしまいますが、打ち上げ花火は問題なく楽しめる場所です。

アクセスはこちらも那古船形駅を利用するのが便利です。

 

穴場その3:城山公園展望公園

千葉県館山市館山

 

館山市や館山湾が一望できる公園です。

花火大会当日は駐車場が開放されているので、車で行動したい方にはオススメの場所です。

しかし駐車場があるエリアは少ないので、確実に停めるならば早めに現地入りすることをオススメします。

車でアクセスする場合は富浦ICから車で約15分、電車の場合は館山駅から徒歩30分ほどで着きます。

 

穴場その4:鷹ノ島公園

千葉県館山市富士見

 

会場からは若干離れていますが、角度が良いため

花火をキレイに見ることができる穴場スポットなのが鷹ノ島公園です。

会場との間には海しかないので、視界を遮られることがないので絶景を楽しむことができます。

徒歩だと館山駅から40分ほどと若干距離がありますが、

のんびり見たい人にはオススメの穴場スポットです。

 

穴場その5:沖ノ島公園

千葉県館山市富士見

MAP:

 

鷹ノ島公園と同様に花火をキレイに見ることができる場所です。

駅から距離があるので、車で行く方にオススメです。

公園の周辺にある護岸は自衛隊が管理している場所なので、

何か指示を受けたら従うようにしてください。

釣りスポットとしても有名な場所なので、

釣りをしながら花火大会を待っていてもよいですよね。

 

穴場その6:渚の駅たてやま

MAP:

2012年にオープンした道の駅たてやまも穴場スポットです。

道の駅内には展望デッキや小さな水族館があるので、

お子様連れでも飽きることなく楽しむことができるのでオススメです。

展望デッキでは花火を観覧できますが、人数制限があるので早めに行くことをオススメします。

 

いかがでしたでしょうか?

多くの人に愛される迫力ある館山湾花火大会、

ぜひご自身の目で美しい花火を確認してみてくださいね。

スポンサーリンク

よく読まれている記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ