福島花火大会の穴場4選!2017年の日程と時間・駐車場は?

日本の花火大会では有料席が設けられているものがたくさんあります。

有料席のチケットの多くが2,000円ほどの値段で発売されていますが、

福島県で開催される花火大会では、なんとワンコインで有料席を確保できる花火大会があります。

それが「ふくしま花火大会」です。

ふくしま花火大会の見どころは願い事や厄払いをしてくれる縁起花火や、

迫力ある尺玉の打ち上げ、スターマインなどです。

 

今回はお得に鑑賞スポットを確保できるだけでなく、

縁起のよい花火を見ることができる

福島花火大会の穴場スポットや2017年の日程・時間・見どころ情報をご紹介します!

スポンサーリンク


福島花火大会 2017年の日程・時間・場所

福島花火大会は例年決まった日付に開催されず

2012・2013年は7月に、2014・2015年は8月に開催されています。

2017年は 月 日(土曜日)に開催される見込みです!

 

打ち上げ時間は19時30分から20時40分を予定しており、小雨でも決行されます。

荒天の場合は翌日の日曜日に延期となります。

開催場所は阿武隈川と松川の合流地点である信夫ヶ丘緑地です。

 

福島県福島市五十辺

MAP:

 

福島花火大会のアクセス方法

アクセスはJR福島駅より徒歩だと約1時間かかる場所になります。

そのため、有料の臨時シャトルバスが走っています。

バスに15分ほど乗り信夫ヶ丘球場で降りるとすぐの場所になります。

この他にもJR福島駅から有料の臨時直行バスが運行しており、

運行時刻は16時から19時の間となります。

 

車で行く場合は東北自動車道福島西ICから国道115号に入り、

国道4号を松川橋の方面へ10キロほど走った場所が開催場所となります。

駐車場は17時半から21時半まで臨時の駐車場が開きます。

 

福島競馬場(約1,300台):〒960-8114 福島県福島市松浪町9−23

MAP:

 

あぶくま親水公園(約300台): 福島県福島市岡部字上川原

MAP:

 

北信支所(約50台):〒960-0102 福島県福島市鎌田字中江1

MAP:

 

これらの駐車場が使うことができますが、

北信支所は土曜日でないと使用できないようなので注意してください。

 

福島花火大会の概要・見どころ

福島花火大会の見どころは

縁起花火や尺玉の打ち上げ、スターマインなどになります。

縁起花火とは厄払いをしてくれたり、願い事をかなえてくれると言われているので、

ぜひ打ち上がっている時に願掛けをしてみてくださいね!

 

また、この縁起花火には震災復興祈願の意味合いも含まれています。



 



 

福島花火大会の花火は川の合流地点から打ち上げられる花火が川に映り、

美しい景色を見ることができると人気を集めています。

2017年で第39回を迎えるこの花火大会では、

約1万発の花火が打ち上げられ約18万人の人が花火を楽しみます。

 

ちなみに会場内に入って見る人は約10万人ほどだと言われています。

周辺には屋台も出て、あたたかな雰囲気のある花火大会です。

スポンサーリンク


福島花火大会の有料席・チケット情報

福島花火大会の驚きの点としてあげられるのが、有料席の安さです。

なんとワンコイン、500円で絶景のスポットを手に入れることができます。

大きな花火大会ですと数千円からなかには数万円もする花火大会もあるので

このお値段で有料席で花火を楽しめるのは嬉しいですよね♪

 

信夫ヶ丘球技場のスタンドに用意された有料席で観覧できるチケットは、

当日券のみの販売となり、当日の18時から会場の入り口で先着順で発売されます。

 

用意されている有料席の数は2,000名分。

なかなかの競争率になりそうなことが予想できますね。

 

また、車いすや高齢の方は優待観覧席として信夫ヶ丘球技場に別途席を設けています。

こちらは申込みが必要で先着40名分となります。

詳細に関しましては、

ふくしま花火大会実行委員会のHPをチェックしてくださいね。

 

福島花火大会の穴場スポット

当日先着順のチケットには間に合わない、

手に入らなかったなどという方のために穴場スポットの情報を集めました。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

穴場その1:新山霊園

福島県福島市岡部字新山三番地外

MAP:

 

開催場所からは若干距離がありますが、

小高い場所にありキレイに花火が見えるスポットです。

しかし問題は、こちらが霊園ということ。

怖がりの方や小さなお子様連れの方にはオススメしません。

また神聖な場所なので騒ぎすぎないように注意してくださいね。

 

穴場その2:信夫ヶ丘緑地の対岸

MAP:

 

開催場所の対岸は意外に人が少なく

花火の迫力たっぷりに見ることができる穴場スポットです。

徒歩で行くと会場からも約20分ほどかかってしまうので

少し行きづらいのがすいている理由かもしれません。

ここでは川に架かる文知摺橋と花火を一緒に写真に収めることができるので、

キレイな花火を撮りたい方、少しでも空いている方が良いという方にオススメの場所です。

 

穴場その3:阿武隈川サイクリングロード

福島県教育会館から伊達市の大正橋までの区間にあるサイクリングロードです。

 

福島県教育会館:〒960-8534 福島県福島市上浜町10−38

 

阿武隈川に沿ってあるサイクリングロードでも花火をキレイに見ることができます。

会場から離れた方が両岸のどちらでも見やすいです。

サイクリングロードは長いので、ぜひベストスポットを探してみてくださいね。

当日はサイクリングをしている方もいらっしゃるので、

気を付けながら花火鑑賞を楽しんでください。

 

穴場その4:スーパーいちい信夫ヶ丘店

福島市矢倉下5番

MAP:

 

会場から徒歩約15分の場所にあるスーパーいちい信夫ヶ丘店

の駐車場も花火をキレイに見ることができます。

花火のために開放をしているかどうかは年によって

変わる可能性があるので、事前に確認してみてくださいね。

 

いかがでしたでしょうか?

競争率は激しいですが、ぜひここでは500円の有料席を手に入れて、

迫力ある花火と縁起花火をゆっくりと観覧することをオススメします。

ぜひ夏の思い出作りに足を運んでみてくださいね。

スポンサーリンク

よく読まれている記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ