高崎まつり大花火大会の穴場7選!2017年の日程・時間と駐車場は?

夏休みにはいろいろなイベントがあって、お出掛けが楽しいですよね♪

長い休みだからこそ、出かけられる場所もあったり。

 

でも、誰しもチョッピリ欲ばりなもの。

せっかくお出掛けするのなら、

一回のお出掛けでいろんなイベントを一気に楽しみたい!

なぁんて思ったりしませんか?

 

特に大人になってからは、休みもグッと減ってしまったし…。

余計にそう思っちゃう方も多いハズっ。

だって、大切な人や家族と、せっかくお出掛けするのだから、

た~っくさんの想い出が欲しいですもの!

例えば、「花火大会」に行くのなら、昼の間もしっかり遊んじゃいたいですよねっ!

 

そんな花火大会、あるはずがない?いえいえ、実はあるんですっ。

それが群馬県で行われる「高崎まつり」!!

神輿に和太鼓、阿波踊り――群馬、

いえ北関東最大の夏祭りである「高崎まつり」は魅力いっぱい!

 

そして、極めつけが約15,000発の花火が夜空に次々舞い上がる「高崎まつり大花火大会」です♪

 

今回は高崎まつり大花火大会の穴場スポットや、

2017年の日程・時間、会場へのアクセス・駐車場情報はもちろん、

見どころ情報もバッチリお届けしてまいります!

スポンサーリンク


高崎まつり大花火大会 2017年の日程・時間・場所

高崎まつりは例年8月第一週の土・日に行われ、

土曜日の夜に数々の花火が夜空を飾ることになっています。

2016年は8月5日(土)・6日(日)にお祭りが開催され、

大花火大会は8月5日の夜となるってことなのです。

 

で、悪天候の場合は翌日7日の夜。

つまり、必ずお祭りの期間中に花火大会が開かれます。

 

打ち上げ時間は19:40から20:30まで!

1時間にも満たない時間ですので、出遅れるならまだしも見逃しちゃった~~(涙)、

なぁんてことのないようにご注意くださいね。

 

気になる、打ち上げ会場は「烏川和田橋上流河川敷」となっています。

 

 高崎まつり大花火大会へのアクセス方法

 

■電車で行く場合

―JR各線・上越新幹線・長野新幹線 高崎駅から徒歩約20分

 

■車で行く場合

―関越道高崎ICまたは前橋ICから車で約25分

―上信越道藤岡ICまたは吉井ICから車で約25分

 

車でお越しの際は駐車場の有無が気になってしまいますよねっ。

高崎まつり大花火大会では残念ながら駐車場等のアナウンスはないようです。

なので、周辺の駐車場やコインパーキングをご利用ください。

 

高崎駅周辺の駐車場情報はこちら↓

大きな地図で見る

 

パンフレットやプログラムも配布されていますので、チェックしてくださいね♪

当日はかなりの人出なので、高崎駅からは流れに逆らわなければ、

自然とお祭り会場や花火会場ついちゃっているかも?

 

高崎まつり大花火大会の概要・見どころ

実は、流れに逆らわなければ……

というよりも「人の流れに逆らえない」といっちゃいたいほど人気のある「高崎まつり」。

なんと、2日間で70万人もの人を動員するのだとか。

 

夜の大花火大会だけでなく、昼間も楽しめるのが魅力の「高崎まつり」。

昼の主役は1717(享保二)年には神社の資料に登場する、長い歴史を持つ華やかな高崎の山車たち♪



う~ん、豪華絢爛っ!

さすが北関東最大級の夏祭りですね!!

 

とはいえ、北関東最大級の夏祭りという割には、「花火大会の開催時間がたったの1時間?」って思いませんか?

いやいや、「高崎まつり」は皆様の期待を裏切ったりいたしませんっ。

 

なんたって、「大」花火大会ですよっ!?

 

高崎まつり大花火大会で、打ち上げられる花火の数はたっぷり約15,000発♪

通常の花火大会では、2時間ほどかけて打ち上げられる花火の数なのです。

それを半分の時間で……と思えば、かなりテンポよく打ち上げないとダメ!

 

いや、ホントこんなにスピーディーな花火大会のオープニング、見たことないっ。



一時も目を離せない、連発に次ぐ連発!

夜空に真昼の光を宿したヒマワリが咲き乱れるような様にウットリしちゃいます~♪

 

当然ながら、フィナーレなんて、花火の爆発音が途切れることがありません。



う~ん、これは見逃せない!

この怒涛の花火、せっかくなら良い場所で花火を鑑賞したいですよねっ?

「高崎まつり大花火大会」では、無料の一般観覧スペースが用意されています。

 
  • A会場(和田橋から八千代橋にかけての堤防)
※通路や階段等での場所取り・観覧はNG。
  • B会場(烏川緑地・高松エリア、緑地公園内を開放)
※通路や階段(指定された階段部分を除く)での場所取り・観覧はNG。

※混雑した場合、安全面を考慮して入場制限を設ける場合アリ。
  • C会場(高崎総合医療センター北側空き地)
※混雑した場合、安全面を考慮して入場制限を設けます。

※市役所南側、高崎公園脇からの迂回に協力ください。

 

場所取りは大花火大会当日の「午前8時」開始!!

フライングはダメですよ~?

マナーを守って、できるだけ多くの人が花火を楽しめるようにしましょう♪

 

ちなみに、これは昨年の無料観覧スペースだったりします。

毎年、無料観覧スペースが拡大していっているとの話も聞きますので、

今年はまた少し広がるかも??

スポンサーリンク


高崎まつり大花火大会の有料席・チケット情報

無料スペースが増えているとはいえ、やっぱり朝8時からの場所取りは大変!

場所取りしている誰かがお祭りを楽しめなくなるし…。

となれば、確実に花火を至近距離で楽しめる有料席しかないですよねっ。

 

昨年度の有料席は烏川和田橋上流河川敷の1箇所、500席のみ。

なお、料金は「大人2,500円、こども(高校生以下)1,000円」

(小学生未満の幼児はチケット購入者同伴に限り入場無料)。

で、おつまみ・ビール・お茶・うちわ・座布団付きというのですから、これは嬉しい!!

 

しかも、有料観覧席専用仮設トイレも設置されているというのですから至れり尽くせりですねっ。

 

そして、さらに嬉しいのは先着順ではなく、「抽選販売」だということ。

7月上旬の締日(昨年は9日)必着で、必要事項を明記した往復はがきを送って、

あとは運を天にまかせて祈るだけ!

 

ただ、この先行販売……大花火大会前日までに高崎市役所の窓口まで

返信されたハガキを持参してチケットと交換しないといけません。

大花火大会当日じゃないと高崎市に行けないよ~という方にはオススメできません。

 

でも! 救いの手として、当日券が発売されます!!

ひとり上限2枚まで、100席のみの先着順♪

特典のわりにリーズナブルな価格設定ですので、是非とも有料席を利用しましょうねっ!

なお、詳細は「高崎市役所 観光課(電話027-321-1257)までお問い合わせください。

 

高崎まつり花火大会の穴場スポット

とはいえ、70万人のライバルを蹴落とすのは至難の業。

ヘタに争奪戦に加わってヘトヘトになっちゃうよりは……という方のために、

高崎まつり大花火大会の穴場スポットを探してみました。

是非とも活用しちゃってくださいね♪

 

穴場その1:高崎タカシマヤ

タカシマヤの上の方の階にあるレストランから花火を楽しむことができます。

ちなみに、屋上ではビアガーデンが。

ビールを飲みながら花火を愛でる、なぁんてことも出来ちゃいそうデス♪

 

穴場その2:ニトリ高崎店&セキチュー高崎店

隣り合っているこの2店舗。

会場から距離があるため臨場感に欠けることと、

低い位置の花火が観えないことがあるのが残念ポイントなのだそうです。

ですが、周囲に大きな建物もないので視界はバッチリ!

大き目の店舗なので、駐車スペースなど高確率で確保できるのが嬉しいですねっ。

トイレの心配がないのも好感触♪

 

穴場その3:高崎公園

和田橋交差点から中山道を南東へ―高崎駅から徒歩15分程にある高崎公園ですが、

花火大会の全容を楽しむならベストな距離かも?

高崎まつり大花火大会の穴場として定番スポットとなりつつある「高崎公園」。

それでも、まだまだ「穴場」と呼べる空き具合なので、まずは足を運んでみてください♪

 

穴場その4:高崎市城南野球場

3の穴場である「高崎公園」から中山道をさらに南東へ10分ほど歩いたところにある野球場です。

周囲がかなり開けているので、きれいに花火を鑑賞することができるのだとか。

高崎公園の人出が多いようでしたら、更に足を延ばし

て野球場を訪れてみるのも良いかも知れませんねっ。

 

穴場その5:和田橋の上

橋の上から川越しにみる花火ってキレイですよね~。

そんなロマンチックな花火を観覧できるのが、

打ち上げ会場や観覧会場に一番近い和田橋の上!

往来の邪魔になるのはもってのほかですが、車両通行止めになるので

安心して花火を見上げる事ができますよっ。

 

穴場その6:聖石橋の下にある無料駐車場

高崎まつり大花火大会当日には聖石橋の下には臨時駐車場が設けられ、

正午から無料開放されるのだとか。

駐車場と観覧場所を確保できるなんて一石二鳥の嬉しい穴場スポットです♪

 

穴場その7:高崎観音山丘陵

打ち明け会場からは歩いて40分と、結構な距離。

ですが、損はさせません!

丘陵の名の通り、小高い場所から眼下に広がる高崎市街の灯りと花火を

一度に楽しめちゃうロマンチックな穴場スポットです♪

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

さまざまなイベントが多くの人を熱狂させている「高崎まつり」。

1度訪れただけでは、その魅力を堪能できない!

と毎年訪れる方も多いのではないでしょうか?

アナタも1ページには納まりきらない

大切な想い出を焼きつけてくれる「高崎まつり大花火大会」へGO♪

スポンサーリンク

よく読まれている記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ