道新・UHB花火大会 2017年の日程・時間は?穴場スポットも紹介!

道新・UHB花火大会は2017年で62回目を迎えた北海道の夏を彩る風物詩のひとつ。

プログラムは3部構成で、それぞれ違った雰囲気の花火を楽しむことができます。

ビルの谷間に上がる花火、また水辺に映る花火の美しさも見逃せない

今回は道新・UHB花火大会の2017年の日程・見どころと穴場スポットをご紹介します。

スポンサーリンク


●道新・UHB花火大会 2017の日程・時間・場所

道新・UHB花火大会は2011年から2015年は

7月の最終金曜日に開催されています。

 

2016年は7月29日(金)に開催されます!

時間:19:40~20:30

※※荒天の場合は8月2日(火)に延期

 

打ち上げ場所:

札幌・豊平川南大橋-幌平橋間(札幌市中央区南13条西1丁目付近)

 


大きな地図で見る

 

●打ち上げ総数

約4,000発

 

●交通アクセス

札幌市営地下鉄幌平橋駅または中の島駅から徒歩5分

※駐車場なし。

 

●見どころ

プログラムは3部に分かれており、

それぞれ趣向を凝らした創作花火スターマインなどが打ち上げられます。

今年のプログラムは以下の通りです。

 

第1部「グランドショー」 創作スターマイン

第2部「ダイナミックショー」 打ち上げ、スターマイン

第3部「グランドフィナーレ」 ワイドスターマインほか

スポンサーリンク



去年の花火大会のグランドフィナーレの様子です。

次から次へと縦横無尽に絶え間なく打ち上げられる花火は圧巻です!

今年も楽しみですね!



 

道新・UHB花火大会の穴場スポット

有料席は設定されていないようなので基本的に

河川敷が一番のおすすめスポットですね。

 

駅から河川敷まで花火を眺めながら歩くのがお勧めですが、

それ以外のおすすめのスポットを紹介します。

 

穴場その1:中島公園

豊平川に近い公園です。大きな音と花火両方を楽しめます。

とても広く、菖蒲池という池もあってここもおススメ。

昨年はボートに乗って花火を楽しむ人もいたようですよ。

 

札幌市営地下鉄中島公園駅すぐ


大きな地図で見る

 

穴場その2:幌平橋

ちょっと会場からは遠いですが、

花火が真正面から見える穴場スポットです

 

札幌市営地下鉄幌平橋駅すぐ


大きな地図で見る

 

※幌平橋から見た花火の様子です!



 

穴場その3:中島公園豊平館前

ここに座ってゆったりと花火を見るのもいいですね。

ちょっと建物の陰になってしまうところもあるようですが、

近すぎず遠すぎずの距離なので音も適度で心地いいです。

 

北海道札幌市中央区中島公園1−20


大きな地図で見る

 

穴場その4:天文台前

ここも中島公園内にあります。

坂から花火がきれいに見えるそうですよ。

 

北海道札幌市中央区中島公園1−17


大きな地図で見る

 

穴場その5:ノルベサ(観覧車)

花火大会会場からは離れていますがこの大観覧車に乗って花火を見るのもいいですね♪

 

札幌市中央区南3条西5丁目1−1


大きな地図で見る

 

他にも自由広場キタラの玄関前香の広場など、

ここはビュースポットがたくさんあります。

お気に入りの場所を見つけて、花火を楽しんでくださいね。

スポンサーリンク

よく読まれている記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ