常総きぬ川花火大会の穴場4選!2017年の日程・駐車場は?

人いきれの中で肩を寄せ合う花火大会は、大切な人との仲を深めるのにもピッタリですよねっ!

特に恋人同士にはオ・ス・ス・メ♪

 

花火を見上げる彼女の無邪気な微笑みにキュンキュンしちゃったり。

夜空を彩る大輪の花火よりも、彼女の瞳に映る花火を観ていたい…なぁんてっ!

 

女の子から見ても、花火の光がクッキリと映し出す彼の横顔やアゴや喉のラインから、

いつも以上に男っぽさを感じてドキドキしちゃうんですよねっ。

 

そんな大切な人と一緒に観たいのが、

芸術性の高い花火が毎年高評価の「常総きぬ川花火大会」!

観覧会場が基本的に有料席となっているので、しっかり計画を立てて過ごしたい

夏の最後にピッタリの花火大会なのです♪

 

今日は常総きぬ川花火大会穴場スポット、2017年の日程・時間や会場へのアクセス方法

花火大会の見どころまで存分にご紹介しちゃいます!

スポンサーリンク


常総きぬ川花火大会 2017年の日程・時間・場所

常総きぬ川花火大会は
2017年は8月 日(曜日)に開催見込みです!

 

ちなみに天候不順の場合は朝の7時には開催されるかどうか発表されるそう。

延期になった場合は8月 日( )の開催となります。

 

で、常総きぬ川花火大会の開催時間は、

ちょっと早めの18:30~20:25まで。

たっぷり楽しめて嬉しいですね♪

開催場所は鬼怒川河畔にある「橋本運動公園」です。

 

 常総きぬ川花火大会のアクセス方法

 

■電車で行く場合

関東鉄道常総線水海道駅から徒歩15分ほど

■高速バスでいく場合

東京駅より直通の高速バス→65分→水海道駅から徒歩15分ほど

■車で行く場合

常磐道谷和原ICから国道294号線経由で約10分

 

なお、会場周辺には2,100台分の駐車場があります。

しかも嬉しいことに無料なんですよ~!

ただ、河川敷臨時駐車場は1台 1,000円と有料なので、注意してくださいね。

有料とはいえ、会場への利便性を考えると超リーズナブルな設定なので、

利便性をとるか、経済的な負担を軽くする方をとるかはアナタ次第です♪

 

あ!

会場近辺は17:00以上は車両通行止めなどの

交通規制がかかりますので、注意してくださいね。

スポンサーリンク


常総きぬ川花火大会の概要・見どころ

日時や会場周辺のことは分かったけど、なんと言っても気になるのは

「常総きぬ川花火大会」の見どころですよね?

ここでは、常総きぬ川花火大会の魅力をたっぷりお届けしちゃいます♪

 

常総きぬ川花火大会は今年で52回目!

一昨年には50回のアニバーサリーを迎え、

更なる盛り上がりが期待できる花火大会です。

 

常総きぬ川花火大会は、心憎いばかりの演出が魅力。

オープニングから夜空を彩るナイアガラ富士が観客の心をガッチリキャッチしちゃいます!



毎年かならず違う花火が鑑賞できちゃう新作花火の打ち上げや

ファイヤーアートコンテストも目玉の一つ♪

こちらは昨年のファイヤーコンテストの様子です。



ちなみに8番の虹色グラデーションが人気投票1位を獲りました♪

 

他にも日本屈指の花火芸術家を招いたり、

趣向を凝らした非常に芸術性の高い約1万発の花火が毎年11万人もの人を集めています。

 

あと、鬼怒川自体、上流域には温泉地や龍王峡など、

とても魅力的な観光スポットがあるのも足を運んじゃうポイントですよね♪

 

メッセージ花火も募集しているので、

大切な人へ感謝の気持ちを贈るのも良いかも知れませんね。

 

そんな大切な人と行ったり、観光で行ったりするのなら

なおさらしっかり下準備して行きたいもの。

 

「常総きぬ川花火大会」を夏の最後の想い出に……!という方には、

花火を間近でゆったり楽しめる有料席を是非ともゲットしてください!

ここからは有料席について紹介しちゃいます♪

 

常総きぬ川花火大会の有料席・チケット情報

常総きぬ川花火大会では本当に贅沢で嬉しいプレミアムペアシートから、

とってもリーズナブルなものまで、観覧席にまで趣向が凝らされています。

 

プレミアムシートはちょっとお高いですが、テーブルやイス、

ドリンクおつまみに駐車場までつくという驚きの上げ膳据え膳っぷり!

 

他にもどんな観覧席があるのか、興味が出てきちゃいませんか?

では、一気に紹介しちゃいますね♪

 

■特別観覧席■

◎プレミアムシート(定員2名)協賛金10,000円【指定席】

1.8m×0.45mテーブル、イス2個

専用駐車場付き(諏訪東駐車場内に確保予定)

ドリンク・おつまみ付き

◎マス席(定員5名)協賛金10,000円【指定席】

サイズ1.8m×1.8m(同サイズのシート付き)

◎ペア席(定員2名)協賛金4,000円【指定席】

簡易ベンチ背もたれ付き

◎イス席(定員1名)協賛金2,000円【指定席】

折畳みパイプ椅子

 

■協賛者観覧エリア(場所は会場周辺地図参照)■

◎特別観覧席背後の堤防斜面(1人)1,500円

斜面用イス付

◎富岡運動場内(1人)1,000円

◎特別観覧席背後の堤防上部法面(1m)2,000円

 

いろいろ種類がありすぎて、どんな感じなのかわからなくて心配ですよね?

というわけで、観覧場所の案内が載った会場周辺の詳細地図を掲載しちゃいます♪

 

http://joso.or.jp/img-04/hanabitaikai2014/PDF/fireworks_map2014-1.0.pdf

 

ついでに特別観覧席の詳細はコチラ♪

 

http://joso.or.jp/img-04/hanabitaikai2014/PDF/fireworks_grandstand2014-1.0.pdf

 

申し込みですが、昨年は7月上旬から受け付け開始!

常総市商工会の公式サイト(http://www.joso.or.jp/index.php)内の

花火大会特設サイトから「申し込みフォーム」を利用するか、

お電話(0297-22-2121)での申し込みになります。

ちなみに、チケット郵送料(510円)が別途必要です。

 

しっかり下準備して、豪華絢爛「常総きぬ川花火大会」を楽しんでくださいね♪

 

とはいえ。

急に「常総きぬ川花火大会」に行ってみようかな?なぁんて、

花火大会当日にこの記事を見てくれている方もいるハズ!

ここからは、そんな方に耳よりの「穴場スポット」を紹介いたしますねっ。

スポンサーリンク


常総きぬ川花火大会の穴場スポット

それでは、「常総きぬ川花火大会」穴場スポットを4つ、お教えしちゃいます♪

 

穴場その1:富岡運動場脇

協賛者観覧エリアとなっている「富岡運動場」脇なので、

当然ながら花火はバッチリ鑑賞できます♪

意外と見落とされがちの穴場スポットらしく、ゆっくり行っても大丈夫との話も。

ただ、近隣は車両通行止めになったりしますので、

車でお出掛けの際は早めに行ってくださいね。

 

穴場その2:富岡運動場から川を下って354号線を超えた周辺

先ほどの富岡運動場から下流に向かい354号線を超えた辺りは

会場から少し距離があることもあって、人も少なめです。

でも、花火全景を楽しめますし、交通規制もありませんので、

人ゴミを避けてのんびり楽しみたい方にはオススメの穴場スポットですよ♪

 

穴場その3:橋本町水門脇

打ち上げ会場から富岡運動場へ向かう豊水橋を渡らず、

橋のたもと近くの水門脇に穴場スポットはあります。

この場所、富岡運動場よりも近くに花火を感じられる穴場スポット♪

ただ、打ち上げ会場を横から見る形になるので

ワイドなナイアガラなどを楽しむには不向きかも…。

 

穴場その4:打ち上げ会場より豊水橋を挟んだ下流側

こちらは少し趣向の変わった穴場スポットです。

広々とした河川敷と橋の姿が花火の閃光に照らし出されて、

なんとも言えないロマン溢れる情景が楽しめちゃうのです。

写真が好きな方にオススメかも。

 

まとめ

1949年「常総市みつかいどう花火大会」に端を発し、

中止などがありながらも51回目の開催を迎えた「常総きぬ川花火大会」。

花火だけでなく、音楽やレーザーでの演出にも注目が集まっています。

さすがに毎年「全国の花火大会100選」に入るだけありますよねっ。

夏の最後の想い出づくりにピッタリの花火大会といえるでしょう♪

 

よく読まれている記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ