取手花火大会の穴場4選!2017年の日程・有料席は?

今回のご紹介する花火大会は茨城県取手市で行われる「とりで(取手)利根川大花火大会」。

大利根橋の開通を記念して始まった茨城県の人気花火大会です。

とりで利根川大花火大会の見どころは4号玉から尺玉への連発、

連続するスターマイン、300メートルものナイアガラの滝!

次々と花火が打ち上がり夜空を彩ります。

今回は河川敷で楽しめる美しい取手花火大会の穴場スポットや

2017年の日程・時間・見どころ情報をご紹介していきます。

スポンサーリンク


第64回取手花火大会 2017年の日程・時間・場所

とりで利根川大花火大会は毎年8月の第2土曜日に開催されています。

2017年は8月12日に開催ということになりますね。

小雨の場合は決行しますが、荒天の場合は8/13(日)または8/14(月)に延期になります。

 

天気予報と公式のHPをしっかりとチェックしておきたいですね。

 

打ち上げ時間は19時から20時15分を予定しています。

開催場所は茨城県取手市取手利根川河川敷の取手緑地運動公園となっています。

茨城県取手市東1丁目1−33

MAP:

 

アクセス方法

最寄駅はJR取手駅で徒歩だと約10分弱かかる場所になります。

歩いていける距離なので助かりますね。

車で行く場合は常磐自動車道谷和原ICから国道294号に行き、

国道6号を大利根橋の方面へ約20キロ行った場所になります。

駐車場は無料の駐車場が約1,000台用意されていますが、

当日は混み合いますので早めの行動を心がけてくださいね。

 

また会場周辺では交通規制も行われますので注意してください。

徒歩で行ける会場なのでできる限り公共交通機関の利用をオススメします。

 

取手花火大会の概要・見どころ

とりで利根川大花火大会の見どころはなんといっても連続して打ち上がるスターマインや尺玉です。



さらに高さ20メートルの場所から降り注ぐ全長300メートルの大ナイアガラの滝も見応え十分です。



とりで利根川大花火大会は7,000発もの花火が打ち上げられ、

毎年約10万人が訪れる取手市の人気イベントです。

河川敷で見ることもでき広い範囲で花火を楽しむことができるのも、人気の理由です。

屋台も出ているので夏のお祭り気分をしっかりと味わうことができます。

スポンサーリンク


とりで利根川大花火大会の有料席・チケット情報

そんな多くの人が訪れるとりで利根川大花火大会には有料席の用意があります。

河川敷の広い範囲で見ることができるといっても、やはり混雑はします。

混雑に頭を悩ませることなくゆっくりと見たい方は、

ぜひ有料席のチケットを手に入れてみてください。

 

有料席は定員5名の桟敷席が1万円で発売されています。

詳細は取手市観光ガイドのHPで確認してみてくださいね。

 

とりで利根川大花火大会の穴場スポット

有料席もあるとりで利根川大花火大会ですが、お金を払うことなく

少しでも空いている場所で見たいと思う方にオススメの穴場スポット情報を集めてみました。

ぜひ参考にしてみてください。

 

穴場その1:千葉県我孫子市側の土手

MAP:

川を挟んで会場である取手緑地運動公園の反対側になる

千葉県我孫子市側の土手はキレイに花火が見えるにも関わらず

人が少ないというオススメの穴場スポットです。

川の距離があるので、ナイアガラは見えづらいかもしれません。

取手駅からも天王台駅からも歩いて同じくらいかかるので、

混雑を避けるため天王台駅を利用するのが便利です。

共に歩くと30分以上かかってしまいますが、絶好の穴場スポットになります。

 

穴場その2:ジャスコ取手店

〒302-0034 茨城県取手市戸頭1118−1

MAP:

会場からは歩くと1時間以上と距離が離れてしまいますが、

ジャスコ取手店の屋上駐車場でもキレイに花火を見ることができます。

こちらも距離があるのでナイアガラの観覧は難しいですが

打ち上げ花火であれば何の問題もありません。

食事やトイレの心配をする必要がないので、小さなお子様連れには特にオススメです。

観覧用に駐車場が開放されているわけではないので、

くれぐれも車には注意して見てくださいね。

 

徒歩で行く場合は戸頭駅を利用するのが便利です!

 

穴場その3:あけぼの山農業公園

千葉県柏市布施字下沼1940

MAP:

 

あけぼの山農業公園も会場からは距離がありますが、

視界を遮るものがなく打ち上げ花火をキレイに見ることができます。

アスレチックや食堂などがあり、家族連れで花火大会まで

ゆっくりと遊んで過ごすのもオススメです。

駐車場も完備されているので車で行動したい方にもオススメです。

バスは我孫子駅や柏駅より出ていますのでそちらをご利用くださいね。

 

穴場その4:戸頭の土手

茨城県取手市戸頭1654周辺

MAP:

 

会場からは距離がありますが、戸頭の土手でもキレイに打ち上げ花火を見ることができます。

混雑もしていないのでゆっくりしたい方にオススメです。

アクセスには戸頭駅を利用するのが便利ですが、

歩くとそれなりに時間がかかるので時間には余裕を持って行動してみてくださいね。

 

いかがでしたでしょうか?

打ち上げ花火よりも低い位置で行われるナイアガラを見るには、

会場周辺で見るのが一番ですが、打ち上げ花火であればかなり広範囲でキレイに見ることができます。

夜空に打ち上がる美しい花火を、ぜひ夏の思い出に見に行ってみてくださいね。

スポンサーリンク

よく読まれている記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ