鎌倉花火大会の穴場5選!2017年の日程・時間と有料席は?

※2017年の鎌倉花火大会は中止が決定しました。

 

日本の夏の風物詩と言えば、花火大会ですよね。

夏には様々な場所で花火大会が開かれますが、オススメは鎌倉花火大会!

2017年には第69回となる鎌倉花火大会の見どころは、なんといっても水中花火です。

由比ヶ浜で行われる海上花火大会は、普通の花火大会とは違う美しい花火を見ることができます。

そして、由比ヶ浜に行くまでの道のりも鎌倉の美しい古都を楽しむことができるので、

デートや観光で訪れるのにはぴったりの花火大会なんです!

 

今回は鎌倉花火大会の穴場スポット、2017年の日程・有料席情報や

鎌倉花火大会の見どころををご紹介します!

スポンサーリンク


鎌倉花火大会 2017年の日程・場所

第69回鎌倉花火大会の実施日は2017年 月 日( 曜日 )、

打ち上げ時間は19:20~20:10の間に開催されます。

雨天・荒天等の場合は中止です。

お天気が危なそうな場合は、事前に問い合わせたりHPのチェックを忘れないようにしてください。

 

開催場所は由比ガ浜海岸・材木座海岸です。

2つの海岸で開催!?と思われると思いますが、

実はこれ、滑川を挟んで海岸の東側と西側で呼び方が違うだけなので、ご安心ください。

海岸線に沿って広い範囲で見ることができる花火大会、ということになりますね。

由比ガ浜海岸:由比ガ浜海水浴場 〒248-0014 神奈川県鎌倉市由比ガ浜4
MAP:

材木座海岸:材木座海水浴場 〒248-0013 神奈川県鎌倉市材木座5丁目

MAP:

 

鎌倉花火大会の概要・見どころ

2016年第68回鎌倉花火大会の最大の見どころは水中花火です。

高速の船から花火を海に投げ入れ、花火が海の中から扇上に開きます。

真っ黒な水面から上がる花火の美しさは海上花火大会ならでは!



花火が開く前に高速船の灯りもちらっと見えるので、それもまた風情があります。

ちなみになぜ海上で花火を打ち上げることになったかというと、

花火師がある花火大会を見学に行ったところ、海上で花火が開いたものを見たそうです。

その美しさに魅了された花火師は、どうやったのかを聞きに行ったところ

あの海上で上がった花火は打ち上げに失敗した花火だよ、と聞かされました。

 

しかし失敗作と言われてもあの美しさが忘れられなかった花火師は、

鎌倉花火大会で海上で打ち上げる水中花火を作り上げたと言われています。

まさに失敗作が名作を生んだ、ということですね。

 

そして連続花火であるスターマインと水中花火のコラボレーションも最高です。

花火はやっぱり迫力のあるスターマインが好き!という方は多いと思いますが、

鎌倉花火大会ならではの空も海も一面花火に覆われる景色は見応え十分ですよ!



海岸近くで見ていると波の音と花火のドーンという音、

お祭りのにぎやかさなど夏の全ての音が楽しめるのも魅力の一つですね。

 

鎌倉花火大会で上がる花火は約2,500発。

例年14万人ほどの人がこの美しい花火大会に訪れています。

また日中は花火大会に関わらず海水浴客も多いので、

良い場所で見るにはそれなりの工夫が必要になります。そんな時にオススメなのが有料席です。

スポンサーリンク


鎌倉花火大会の有料席・チケット情報

鎌倉花火大会では毎年有料席が500席用意されています。

このチケットは税込5,500円で全席指定席となっています。

席の場所の希望を出すことはできませんが、特等席で見ることができるので

場所取りにハラハラしたくない方にはオススメです。

 

チケットは鎌倉市の観光協会公式ポータルサイト「鎌倉INFO」から

ネット注文か、電話で注文することができます。

鎌倉INFOはこちら

 

 

鎌倉花火大会の穴場スポット

有料チケットを買うのは高いからちょっと、という方にオススメなのが

穴場スポットで花火を見ることです。

鎌倉花火大会は広範囲でみることができる花火大会なので、穴場スポットが多くあります。

鎌倉花火大会のおすすめ穴場スポットを5つご紹介していきます〜!

 

穴場その1:材木座海水浴場

〒248-0013 神奈川県鎌倉市材木座5丁目
MAP:

公式HPでメイン会場として名前が書かれているのに、なぜか若干穴場なのが材木座海水浴場です。

というのも日中に海水浴客が由比ガ浜に比べ少ないのがポイントなのです。

しっかりと海上も空中も花火を堪能できるのでオススメです。

由比ヶ浜駅と和田塚駅が最寄り駅になりますが、由比ヶ浜駅から行く方が距離的には少し近いです。

しかし当日は混雑が予想されるので空いている方が良い場合は和田塚駅を利用することをオススメします。

 

穴場その2:披露山公園

〒249-0007 神奈川県逗子市新宿5丁目4-1
MAP:

 

会場となる由比ヶ浜からは離れた場所にありますが、

実は隠れた穴場スポットが逗子の披露山山頂にある披露山公園です。

ここは高い場所から逗子マリーナや由比ヶ浜、江の島を一気に見ることができるので

眼下に海上の花火大会を見るような感じになります。

ゆっくり静かに花火を楽しみたい人にオススメの場所です。

逗子駅から鎌倉行のバスに乗り、披露山入口というバス停で降りるとすぐになります。

 

穴場その3:鎌倉海浜公園の由比ガ浜地区

〒248-0014 神奈川県鎌倉市由比ガ浜4丁目7−1
MAP:

 

由比ガ浜の近くで花火を見たいという人にオススメなのが、鎌倉海浜公園です。

ここはとても広い公園で由比ガ浜地区、坂ノ下地区、稲村ガ崎地区と3地区に分かれています。

穴場スポットは高台になっている由比ガ浜地区です。

海が見える公園として名高い鎌倉海浜公園の中でも、

芝生やグラウンドがあるのでシートを広げて花火を楽しむことができます。

 

穴場その4:長谷駅よりの由比ガ浜海岸

〒248-0016 神奈川県鎌倉市長谷2丁目14−10
MAP:

 

同じ由比ガ浜海岸でも長谷駅よりの海岸は少し穴場になります。

長谷駅は由比ヶ浜駅の隣なのですぐに行くことができます。

ほぼ由比ガ浜と同じ状況の花火を見ることができます。

 

穴場その5:Restaurant Seedless Bar

〒248-0014 神奈川県鎌倉市由比ガ浜4丁目9−1
MAP:

 

ゆっくり食事をしながら花火を楽しみたい人にオススメのバー・レストランになります。

チーズバーガーやベーコンアボカドバーガーが人気のアメリカンスタイルのお店です。

由比ガ浜海岸の目の前にあるお店なので花火を楽しむには絶好のスポットです。

確実に席を押さえたい人は予約することをオススメします。

 

いかがでしたでしょうか?日中は観光を楽しみながら夜は美しい花火を楽しめる鎌倉花火大会。

ぜひ夏の思い出を作りに足を運んでみてくださいね。

スポンサーリンク

よく読まれている記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ