金沢まつり花火大会の穴場&見えるホテル!2017年の日程・時間は?

波の音が聞こえる海辺で横になりながら、空一面に広がる花火を楽しむ。

そんな最高の夏の過ごし方を実現できる花火大会があります。

それが神奈川県横浜市で開かれる「金沢まつり花火大会」です。

 

この花火大会は横浜市で唯一の海水浴場で開かれます。

また、周辺には八景島もあるので夏休みは観光客や地元の人でにぎわうエリアです。

そんな金沢まつり花火大会の見どころは、夜空いっぱいに花咲く巨大なスターマインと、

子供たちが大喜びするキャラクターの花火。

 

そんな金沢まつり花火大会の穴場スポット、2017年の日程、見どころ情報をご紹介します。

スポンサーリンク


金沢まつり花火大会 2017年の日程・時間・場所

2017年の金沢まつり花火大会は8月26日(土曜日)に開催され、

打ち上げ時間は19:00~20:00の間となります。

 

この花火大会の注意ポイントは、雨天の場合中止になる場合があるということです。

小雨の場合は決行しますが、荒れている場合は中止です。

順延してくれないんですね。

多くの人が晴れることを心から願う花火大会なのではないでしょうか。

 

開催場所は横浜市唯一の海水浴場のある「海の公園」です。

〒236-0012 神奈川県横浜市金沢区

 

横浜シーサイドラインの海の公園南口駅か、

海の公園紫口駅から歩いてすぐの場所にあります。

または京急金沢文庫駅から歩いて約20分の場所になります。

 

海の公園沖から打ち上げられるので、

近隣の八景島などかなり広い範囲の場所から花火を楽しむことができます。

 

また、この海の公園はしっかりと管理されている人口の海水浴場なので、

子供でも安心して遊ぶことができると人気の場所です。

 

屋台も周辺の道路に出るので、食事も心配いらないですね。

 

金沢まつり花火大会の概要・見どころ

金沢まつり花火大会の見どころは、巨大なスターマインです。

大迫力のスターマインの様子を御覧ください!

 



色とりどりの花火が連続して打ちあがり、

前の花火の残像が残っているところに新たな花火が加わる美しさは、スターマインならではの魅力です。

 



 

金沢まつり花火大会は砂浜で見ることができるので、花火が始まったらシートを敷いて、

寝転がりながら大パノラマの花火を楽しむことができるという最高の贅沢を味わえる花火大会です。

寝転んで見ていると花火が降ってくるような感覚を楽しめますよ。

 

また、この花火大会では子供が喜ぶキャラクターの花火も登場します。

2017年は何のキャラクターが登場しますでしょうか。楽しみですね!

 

この花火大会で打ち上げられる花火は約3,200発とそれほど多くはありません。

それでも周辺に観光地が多いことや、広い範囲でキレイに見えることから

人気を呼び例年28万人もの人が訪れる横浜市の人気イベントとなっています。

 

しかし実はこの花火大会、多くの人が訪れる割にはそれほど混雑しないことでも有名です。

というのは、事故防止のために事前の場所取りを禁止されているのです。

 

そのため、ほぼ花火が始まる30分ほど前から人が増えだすので

ぎゅうぎゅうの混雑というような事態は避けられているようなのです。

また、周辺からもよく見えるので人が分散しているようですよ。

スポンサーリンク


金沢まつり花火大会の有料席・チケット情報

金沢まつり花火大会では残念なことに有料席がありません。

そのため、チケットもないということになります。

 

金沢まつり花火大会の穴場スポット

有料席のない金沢まつり花火大会。

さらに場所取りが禁止となっているので

直前にベストポジションを押さえる必要があります。

 

土地勘がなかったり場所を確保できる自信がない人は

穴場スポットを押さえておくことをオススメします!

 

そこでおすすめの穴場スポット情報をご紹介致します!

 

穴場その1:野島公園

海の公園の近くにある公園です。

海が見える場所で見れば、ほぼ海の公園と同じようにしっかりと花火を楽しむことができます。

ここでは日中バーベキューや野球なども楽しむことができるので、

大勢でわいわい花火を楽しみたい人には特にオススメのスポットです。

 

神奈川県横浜市金沢区野島町24

MAP

 

穴場その2:八景島シーパラダイス

海の公園の対岸に位置するのが八景島シーパラダイスです。

ここでは美しい花火をそのまま楽しむことができます。

中でもオススメの場所は、メリーゴーランド周辺です。

 

〒236-0006 神奈川県横浜市金沢区八景島

 

穴場その3:海の公園内にある芝生エリア「なぎさ広場」

海の公園なのに穴場!?とお思いかと思いますが、

実はこのなぎさ広場は知る人ぞ知る穴場スポットなのです。

 

海の公園の中でも多くの人は打ち上げ場所の正面にある砂浜エリアに向かいます。

このなぎさ広場は少しだけ中心から離れている芝生エリアで、砂浜エリアほど混雑していないのです。

浴衣で着た人や、強風の日に砂浜エリアに行きたくない人などには特にオススメですよ。

 

〒236-0013 神奈川県横浜市金沢区海の公園10

 

穴場その4:八景島ホテルシーパラダイスイン

誰にも邪魔されずに特等席で花火を見たい人にオススメなのが、ホテルに宿泊することです。

花火大会周辺にはいくつかホテルがありますが、

中でもこのホテルシーパラダイスインはオススメ!

 

名前の通り八景島シーパラダイス内にあるホテルなので

花火は勿論、部屋から動物を見ることもできちゃいます。

 

日中は八景島シーパラダイスで遊び、夜は花火を楽しみたいというカップルや

小さなお子様のいるファミリーにオススメのホテルです。

予約時には「花火が見える部屋」という希望をしっかりと伝えることを忘れずに!

 

〒236-0006 神奈川県横浜市金沢区八景島

 

穴場その5:金沢動物園

コアラやオカピなど貴重な草食動物を多く展示している動物園です。

花火大会の日は夜まで営業するので、隠れた穴場スポットとなります。

 

少し海から離れているので、小さめに見えてしまいますが、

空いている状態で花火をゆったり見たい人にオススメです。

京急金沢文庫駅からは、バス乗車時間と徒歩で約20分程度の場所にあります。

 

〒236-0042 神奈川県横浜市金沢区釜利谷東5−15−1

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

横浜市という都心からアクセスの良い場所でありながら、

それほど混雑しない隠れ穴場的な花火大会である金沢まつり花火大会。

ぜひ楽しんでみてくださいね!

スポンサーリンク

よく読まれている記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ