PL花火大会の穴場5選!2017年の日程・時間は?

2017年もPL花火大会が近づいてきましたね!

関西一の花火大会として有名なPL花火大会ですが、

実はパーフェクトリバーティ教団(PL)の宗教行事で「教祖祭PL花火芸術」というのが正式名称です。

「自分の死は嘆いたりせず、世界平和を祈って花火を打ち上げて祝ってほしい」という初代教祖の遺言により、

初代教祖、二代教祖の遺徳を偲んで、毎年開催されています。

そのPL花火大会は、毎年、演出や構成が変えられ、まさに「芸術」と呼ぶにふさわしく、

美しく、迫力満点の花火が目白押しです。まだ見たことのない方は一見の価値ありです。

今回は、PL花火大会の穴場スポットと、2017年の日程・時間・概要と有料会場情報をご紹介します。

スポンサーリンク



*PL花火大会開幕:スターマインの様子


PL花火大会 2017年の日程・時間・概要

PL花火大会は毎年8月1日に開催されています♪

《日程》2017年8月1日(土)

《打ち上げ時間》20:00~20:40ごろ(予定)

毎年8月1日に開催されています。(雨天決行)

 

《場所》

光丘カントリークラブ(PL大本庁内)

住所:大阪府富田林市新堂2258-1

大きな地図で見る

 

《打上玉数》

約25,000発(予定)

 

《予想来場者数》

約25万人

 

《有料席》

基本的には信者に向けての開催ですので、教団施設内に一般人は入れませんが

有料の花火観覧会場が設けられます

 

*問い合わせ先:パーフェクトリバティ光丘テレフォンサービス

℡0721-25-6422

http://www.perfect-liberty.or.jp/1206info.html

 

近隣会場では以下の有料観覧チケットが販売されます。

スパヒルズ特別観覧席/屋上観覧:大人6,500円・子供5,500円

レストラン観覧:大人8,000円・子供6,500円

 

ローンパーク野外観覧券/大人3,500円・子供1,000円

*購入は「チケットぴあ」で可能です。

*ローンパークでの鑑賞券は「近鉄日本鉄道」各駅でも購入できます。

スポンサーリンク


◆PL花火大会の見どころ

毎年、演出やテーマ、構成が変えられ、創意工夫に富んだ花火が続き、

コンクールや競技大会を除いては、他に比べることのできない最高の花火大会といえます。

 

数年前までは、全長1km程にも及ぶナイアガラが

最高の見どころポイントといわれていましたが、今では中止されてしまっています。

 

それでも、スターマインの連射や大型花火の連射など、

絢爛豪華な珍しい花火が怒涛のように繰り出されます

 

*2012年PL花火、クライマックスフルバージョン



 

PL花火大会の穴場スポット

PL花火大会を鑑賞できるおすすめ穴場スポット情報をご紹介していきます!

 

穴場その1:ゴルフ場の外周道路(府道35号線)

大迫力の花火が至近距離で見られる穴場スポット。

 

ただ、人気スポットで最も混雑するポイントであります。

昼過ぎには場所取りをする必要があります。

 

富田林市新堂付近(最寄駅:近鉄長野線「富田林」駅)


大きな地図で見る

 

穴場その2:石川河川公園

富田林駅から花火大会会場の逆側に1Km少々のスポットで、

少し離れますが、若干、混雑をさけてゆっくり花火を楽しめます。

 

羽曳野市駒ヶ谷140付近(最寄駅:近鉄南大阪線「駒ヶ谷」駅)


大きな地図で見る

 

穴場その3:金剛山山頂

人混みをさけて花火を楽しむならここが一番です。

山から花火の全景を見下ろせます。

 

・南海高野線「河内長野」駅→南海バス「金剛山ロープウェイ前」バス停下車

・近鉄長野線の「富田林」駅→金剛バス「千早ロープウェイ前」バス停下車


大きな地図で見る

 

≪金剛山山頂からの花火の眺め≫



 

穴場その4:狭山池公園付近

少し離れますが、混雑せず花火を楽しめます。

狭山池外周には歩行者用回路もありますので、

当日の打ち上げ具合に合わせて見やすい位置を探して見ましょう。

 

大阪狭山市狭山2丁目付近(最寄駅:南海高野線「大阪狭山」駅)


大きな地図で見る

 

穴場その5:サヤマゴルフセンターの駐車場

少し離れますが、車でお出かけの方は

ゴルフセンター有料駐車場からでも花火が楽しめます。

 

大阪狭山市岩室276-3


大きな地図で見る

 

◆おすすめ有料スポット

*リラクゼーションリゾート「スパヒルズ」

近隣のスパで、絶好の観覧スポットです。

特別観覧席が設けられ「チケットぴあ」で購入できます。

 

*ワールド牧場

若干距離は離れますが、広々とした敷地内で花火を鑑賞できます。

乗馬体験や子牛のミルクやり、大型犬とのふれあいなど、

動物とのふれあいが楽しめるほか、レストランや宿泊施設もあります。

スポンサーリンク

よく読まれている記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ