神宮外苑花火大会の穴場10選!2017年の日程・有料席チケットは?

燃える太陽! キラキラと輝く海!

真っ青な空に分厚く立ち上がる入道雲!

いのちの限りを尽くして夏を謳い上げるセミ!

太陽を一途に追うヒマワリの花に、甘~い果汁があふれる真っ赤なスイカ!

風呂上がりに汗をかきながら飲む、キンキンに冷えた炭酸の喉ごしがたまらないっ!!

 

心まで熱くする夏を、もっともっとHOTに楽しみた~いっ!!

 

わかるっ、分かり過ぎるほど分かります♪

あまりハメを外し過ぎるのも困っちゃいますが

夏ってなんだか開放的な気持ちになっちゃいますよね~。

 

夏の夜を飾る「花火大会」だってそう!

うちわ片手に風流に楽しむのも良いけれど、

ドカンと花火みたいに弾けて楽しみたいってこともありますよね~。

どうせなら花火だけじゃなくって、お笑い芸人のトークやアーティストによる生ライブとか、

屋台やゲームを楽しんだり……お祭り騒ぎして楽しみたいって方もいらっしゃるのでは?

そんなノリノリの花火大会、行ってみたいですよね?

 

では、是非とも行って楽しんでください~♪

目指すは「神宮外苑花火大会」!

 

見知らぬ人たちと一緒になって、打ちあげられる花火とアーティストの生ライブ・

日本古来の伝統芸能などを楽しめるアツい熱い花火大会なのですっ。

 

今日は「神宮外苑花火大会の穴場スポット、2017年の日程・時間、

より楽しんでいただくための見どころや有料チケット情報を紹介もしちゃいますね♪

スポンサーリンク


神宮外苑花火大会の穴場スポット

都心で行われる花火大会ということもあって、

周辺に花火を観られるスポットも多いのですが、なかなかベストスポットを探すのは難しいっ!

という訳で、評判の穴場スポットをいくつかご紹介させていただきます♪

優雅にホテルでゆったり花火を見たい!という方は

こちらの記事にまとめましたのでこちらをチェックしてください♪

⇒ 神宮外苑花火大会が見えるホテル4選!

 

穴場その1:明治公園周辺

花火打ち明け会場にほど近く、臨場感を楽しめる穴場スポット!

場所によっては生い茂った木々が花火を隠しちゃうのでご注意くださいね?

 

穴場その2:日本青年館ホテル周辺

先に紹介した明治公園のお隣りさん♪

ですので、打ち上げ会場にも近く、迫力のある花火を観覧することができます。

ただし、建物が視界を遮っちゃう場所があるのでシッカリ確認してください。

 

穴場その3:恵比寿ガーデンプレイス展望レストラン

38・39階にある展望レストランがオススメの穴場スポットです!

打ち明け会場からちょっと距離はありますが、その分ゆったり花火を楽しめますよ♪

無料展望スペースから花火を楽しんだあとは、美味しいディナーに舌鼓をうってくださいね。

最高のデートコースではないでしょうか?

 

穴場その4:東京タワー展望台

東京観光スポットのメッカ「東京タワー」と花火を一緒に楽しめるという、

超贅沢な時間をお過ごしくださいっ。

この時期に東京へ出かけるなら押さえておきたい穴場です♪

当然ながら花火目的以外の観光客も多いので、

早めに行ってシッカリ場所取りしちゃいましょう~。

 

穴場その5:六本木ヒルズ展望台

打ち上げ会場から少し距離はありますが、

海抜250mという六本木ヒルズの展望台「東京シティービュー」の

スカイギャラリーとスカイデッキからならば視界を遮られることもなく、

東京の夜景に花開く花火を十二分に楽しむことができます。

ただし、有料チケットが必要。

チケットは7月上旬から売り出されますので早めに購入しちゃってくださいねっ。

 

穴場その6:新宿NSビル

無料展望台のある高層ビルで打ち上げ会場に一番近いところと言えばココ!

ただ、割と人気のある穴場なので少し混み合っちゃうかも……。

29階には花火が見えるレストランがあるそうなので、

ゆっくり花火を楽しみたい方はまず予約!

ディナーを楽しみながら花火鑑賞なんてオツですよねっ♪

 

穴場その7:伊藤忠商事本社ビル&青山一丁目交差点付近

打ち上げ会場の真裏にあたり、会場のひとつである

「秩父宮ラグビー場」のすぐ隣となっているので、

臨場感にあふれる花火を楽しむことができます。

近くにコンビニがあるので、ちょっとした飲食品を入手しやすいのもポイント!

最寄り駅に激チカで移動に便利なのも嬉しい穴場です♪

 

穴場その8:千駄ヶ谷駅ホーム

先の伊藤忠商事本社周辺も移動に便利でしたが、

移動しやすいといえば駅ホーム以外にありえないでしょう!

花火が終ったら即移動♪

時間の融通を利かせやすい、とっても便利なスポットです。

 

穴場その9:Soho′s表参道

ニューヨークスタイルのスタイリッシュなお店で、

和の花火を楽しめる異空間がアナタをお出迎え♪

打ち上げ会場からは距離はありますが、

その分ゆっくり花火を楽しめるそうです。

 

穴場その10:鳩森八幡神社交差点付近

打ち上げ会場から少し距離がありますが、

視界が開けていて花火鑑賞には問題なし!

周辺に飲食店も多いので、花火を心ゆくまで楽しんだあとに

美味しい食事を楽しめば、心も身体も大満足の一日になるでしょう♪

スポンサーリンク


神宮外苑花火大会の2017年の日程・時間・場所

今年の神宮外苑花火大会の日程は2017年8月 日(土曜日)に開催決定!

 

ちなみに悪天候の場合の予備日は翌日の8月 日(日曜日)です♪

 

そんな「神宮外苑花火大会」の打上げ時間は19:30~20:30まで。

1時間なので、気軽に遊びに行きやすいですよねっ。

 

気になる打ち上げ場所は「神宮第二球場」となっています。

 

で、周辺にある「神宮球場」「秩父宮ラグビー場」「神宮軟式球場」

「神宮外苑絵画館前」「東京体育館敷地内」「明治公園チャリティ広場」

「国立西テニスコート」の7つの施設が観覧&イベント場所♪

なお、ほとんど有料観覧席となっています。こちらは、また後ほどご案内しますねっ。

 

まずはアクセス方法を確認ください。

 

アクセス方法

■電車で行く場合

都営大江戸線国立競技場駅から徒歩で約3分

JR信濃町駅・JR千駄ヶ谷駅から徒歩で約6分

東京メトロ外苑前駅・青山一丁目駅から徒歩で約7分

 

車で行きたいと思われる方も多いと思いますが、公式サイトでは、

「周辺駐車場では交通規制がかかるので一定時間は入出庫ができなくなること」

「車での来場は遠慮して欲しいこと」がアナウンスされておりますので、ご注意ください。

都内ということもあり、アクセスは公共機関の方が便利だと思います♪

 

神宮外苑花火大会の概要・見どころ

100万人近い人出のある「神宮外苑花火大会」。

明治神宮鎮座60年記念のイベントとして、

1980年に行われて以降、毎年の恒例行事となりました。

そして、年を経るごとにその人気は増し、

ついには「東京三大花火大会」のひとつに数えられるまでに成長したのです♪

 

1万発もの花火を、「神宮球場」や「秩父宮ラグビー場」など、

さまざまな会場から楽しむことができるのも魅力。

 

こちらは神宮球場アリーナ席からの映像です。

音楽とのコラボがまた素晴らしい~♪



そして、「神宮外苑花火大会」で楽しめるのは、花火だけではありません。

毎年、司会を務める芸人さんの軽快なトークや

豪華なアーティストのライヴが楽しめるのも「神宮外苑花火大会」ならではなのです!

昨年(2014年)は“しょこたん”こと中川翔子、玉置浩二、May.jなど

旬のアーティストが多数出演されています。

 

“サプライズゲスト”中川翔子さんのヒット曲「空色デイズ」で大盛り上がり!

http://youtu.be/CrnJbsG-22I

今年はどんなアーティストが出演されるのか? とっても楽しみですよね~。

そして、やっぱり花火大会と言えば、圧巻のクライマックス!

息もつかせず花開くスターマインにテンションも最高潮~!!



ライブが楽しめる会場、古典芸能を楽しめる会場、

そして多くの出店が軒を連ねてグルメを楽しめるエリアなど、

目的別に会場を選べるのが嬉しい~!

自分ならではの神宮外苑花火大会を過ごし方で、

暑い夏の一日を熱く楽しんでください!!

 

え? どの会場でどんなイベントをやっているのか

わからないのか? ですか?

お任せくださいっ!

それでは、ここからは「神宮外苑花火大会」で用意されている7つの会場について、

行われているイベントと有料席の料金についてご案内いたしますね♪

スポンサーリンク


有料席・チケット情報

先にも書きましたが、「神宮外苑花火大会」では

7つの会場がイベント会場として用意されています。

 

◎神宮球場

「神宮外苑花火大会」のメイン会場といえばココ!

打ち上げ会場の第二球場はバックスクリーン裏となっていて、

この日ばかりはホームランではなく花火が打ちあがります♪

豪華アーティストによるライブも会場を盛り上げます。

 

―アリーナ席 6,500円

―スタンド席 6,500円

(ビール300cc券 550円)

 

◎秩父宮ラグビー場

こちらでもライブと花火が楽しめます。

出演されるアーティストとして、女性アイドルが多いのが特徴♪

用意された会場の中でも交通の便が良いのが嬉しいですねっ。

 

―アリーナ席 5,500円

―スタンドSS席 5,500円

 

◎神宮軟式球場

イベント要素というべきか、色モノ要素と言うべきか?

「お祭り」としてライブと花火が楽しめる会場。

注目度急上昇中のアーティストといった多彩な顔ぶれが魅力♪

 

―指定席 5,000円

―自由席 3,500円

 

◎神宮外苑絵画館前

歌舞伎や能など、日本の伝統芸能と花火の競演!

伝統芸能という芸術と、花火という芸術の出会いが生む

化学反応を心行くまで楽しんでください。

 

―みやび席(ペア席) 50,000円(フード・ドリンク・クッション付)

―わびさび席(最大定員5人) 40,000円(ワンドリンク付)

―上等席(最大定員5人) 30,000円

 

◎東京体育館敷地内

2014年から新しく追加された会場です。

純粋に花火を楽しみたい方にオススメっ。

 

―バルコニーシート(最大定員4人) 60,000円(フード・飲み放題ドリンク付)

―ワイワイシート(ブロック指定) 5,000円

―屋外広場ガーデン席(最大定員6人) 54,000円(フード・ドリンク付)

―屋外広場指定席 5,000円

 

◎国立西テニスコート

有料席に「フード付タオルマフラー」がついているのは、

花火の残骸(降灰)防止のためなのだとか。

眼前に打ち上げ会場があって迫力は満点!

花火の醍醐味が楽しめる観覧席なのです♪

 

―ワクワクドキドキシート(ブロック指定) 5,500円(フード付タオルマフラー付)

 

◎明治公園チャリティ広場

多くの出店が連なって、アナタをお出迎えっ♪

「花より団子」「花火より屋台」な方にピッタリ?

いえいえ、花火も楽しんでください~。

 

ちなみに昨年は6月中旬から、チケットぴあ、ネット、コンビニでチケットが販売されています。

今年も同じくらいの時期に販売開始になるかと思いますが、

発売時期については忘れないようにチェックしてくださいねっ。

 

まとめ

お盆の時期に開催され、東京三大花火大会のひとつということもあって

公式にアナウンスされているよりも人出があるのでは?と言われている「神宮外苑花火大会」。

観覧はちょっと大変かも知れませんが、是非とも有料観覧席でライブと花火を楽しんで、

一生の想い出にしてほしい花火大会のひとつです♪

よく読まれている記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ