多摩川(たまがわ)花火大会の穴場5選!2017年の日程・有料席は?

川沿いで行われる花火大会では、

2つの花火大会が同時開催されることが少なくありません。

今回ご紹介する花火大会も2つの自治体が同時開催している花火大会になります。

 

東京都世田谷区が開催する「たまがわ花火大会」と

神奈川県川崎市が開催する「多摩川花火大会」です。

 

開催自治体と「たまがわ」が漢字かひらがなかの違いだけで

話がややこしくなってしまうので、今回は総合して多摩川花火大会とし、

2つの花火大会を一緒に楽しめるようオススメ情報をご紹介していきます!

 

見どころはスターマインやナイアガラ、

そして川崎市側では音楽と花火を融合させた

「ハナビリュージョン」も行われ花火大会を盛り上げます。

 

今回は2つの花火大会を同時に楽しめ美しい花火も堪能できる、

多摩川花火大会の穴場スポットや、2017年の日程・時間・オススメ情報をご紹介します。

スポンサーリンク


多摩川(たまがわ)花火大会 2017年の日程・時間・場所

多摩川花火大会は例年8月の第三土曜日に開催されていました。

ですが、2014年・2015年は8月の 第四土曜日に開催されました。

 

2017年は 8月 19日(土曜日)に開催されることが決定しました!

 

打ち上げ時間は19時から20時の予定です。

2017年は順延はなく悪天候の場合は中止となります。

 

開催場所は世田谷区側と川崎市側で異なります。

世田谷区側は世田谷区立二子玉川緑地運動場

川崎市側は川崎市高津区諏訪・多摩川河川敷が会場となります。

 

世田谷区二子玉川緑地運動場:〒157-0077東京都世田谷区鎌田1-3-5

 

MAP:

 

アクセスは東急電鉄の二子玉川駅から徒歩約15分の場所になります。

 

川崎市高津区諏訪・多摩川河川敷:

神奈川県川崎市高津区諏訪2丁目7−14周辺

 

MAP:

アクセスは東急電鉄の二子新地駅より徒歩約10分になります。

 

共に駐車場の用意はないので、

公共交通機関を利用することをオススメします!

 

多摩川(たまがわ)花火大会の概要・見どころ

この花火大会の見どころはスターマインやナイアガラです。

 

http://youtu.be/zlClfVVG5tc

動画を見ると奥の方でも花火が上がっているのがわかり

とても贅沢な思いができる花火大会です。



また、川崎市側では花火と音楽を融合させたハナビリュージョンも行われます。



多摩川花火大会は世田谷区側と川崎市側合わせて

約1万2,000発もの花火が打ち上がります。

 

来場者は合わせて約50万人で、

世田谷区側の方が訪れる人が多いようです。

屋台は多くはありませんが、二子玉川駅周辺にちらほら出ています。

スポンサーリンク


有料席・チケット情報

2つの駅で大混雑が予想される花火大会ですので、

ゆっくり見ることができる有料席を確保しておくと安心できますよね。

世田谷区、川崎市共に有料席を用意しています。

 

有料席のエリアも別々になっており、

世田谷区は打ち上げ会場の世田谷区二子玉川緑地運動場内に設置されています。

 

お値段はテーブル席A(定員4名)が3万円、テーブル席B(定員4名)が2万円、

イス席1名分が4,000円、ペアシート席2名分で1万円、

シート席(定員4名)が12,000円、大型シート席(定員10名)が3万円となっています。

 

 

川崎市側は東京都世田谷区玉川1丁目3−26周辺に用意されます。

アクセスは二子玉川駅を使うのが便利です。

MAP:

 

お値段はパイプ椅子席1名分5,000円、ペアシート2名分13,000円、

ファミリーシート(定員4名)2万円となっており、ドリンクとお菓子がついてきます。

 

また、実は川崎市側はもう一か所有料席を用意しています。

二子玉川公園内にある上野毛会場になります。

ここの価格はパイプ椅子席1名4,500円、

ペア席(パイプ椅子2脚)が13,000円となっています。

 

東京都世田谷区玉川1丁目16番1号 二子玉川公園

MAP:

 

共に6月上旬からチケットが発売されますので、

世田谷区花火大会実行委員会と川崎市役所商業観光課のHPを

注意して見てみてくださいね。

 

多摩川(たまがわ)花火大会の穴場スポット

この多摩川花火大会は周辺に建物がなく、

しっかりと花火を楽しめると好評を得ている花火大会なのですが、

それでも空いているところでゆっくりと花火を楽しみたいという方に

オススメの穴場スポットを集めました。

 

ぜひ参考にしてみてください。

 

穴場その1:宇奈根キャンプ場周辺

神奈川県川崎市高津区宇奈根784周辺

 

打ち上げ場所から少し離れている河川敷になります。

混雑も少し緩和されているのでオススメです。

花火はキレイに見ることができます。

 

穴場その2:宇奈根公園

東京都世田谷区鎌田2丁目

 

打ち上げスポットにも近く迫力ある花火を堪能することができます。

二子玉川駅より歩くと約20分かかるため、

少しだけですが人が少ない場所になります。

15時頃から場所取りは始まっているので、

穴場スポットといえども早めに行動することをオススメします。

 

穴場その3:多摩川遊園

〒158-0092 東京都世田谷区野毛2-9

 

打ち上げ会場から少し離れており、

駅からも歩いて約20分かかることからあまり混雑していない穴場スポットです。

しかし花火はキレイに見えるので問題ありませんよ。

ちょっと歩いてもゆったりと花火を鑑賞したい!

という方にはおすすめの場所です。

 

穴場その4:城学園前駅から喜多見駅にかかる橋

小田急線の成城学園前駅から喜多見駅にかかる橋でも花火を見ることができます。

打ち上げ会場からは車で20分ほど離れているので、

低い位置で上がる花火は観ることができませんが、

クライマックスや大玉の花火は堪能することができます。

 

交通規制がされているわけではありませんので、

車の往来に気を付けて見てくださいね。

 

穴場その5:東名高速周辺の河川敷

小田急線和泉多摩川駅から多摩川の土手を二子玉川方面に

約20分歩いた場所にある、東名高速をくぐった場所の

河川敷もオススメの穴場スポットです。

花火もキレイに見ることができます。

 

いかがでしたでしょうか?

二つの迫力ある花火大会の花火を堪能できる多摩川花火大会、

どちらも混んではいますが夏の思い出にぜひ訪れてみてくださいね。

スポンサーリンク

よく読まれている記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ