東京湾花火大会の穴場6選!2017年の日程・時間は?

※東京湾花火大会は2016年以降、当面中止することが決定いたしました。

 

2017年も東京湾花火大会が近づいてきました!

日本屈指のデートスポットでもある東京ベイエリア。

レインボーブリッジを臨む東京湾の空に、

大型の花火や個性豊かな鮮やかな花火が打ちあがります。

東京湾大華火祭(通称:東京湾花火大会)はお台場の発展と共に年々賑わいは増し、

今では隅田川花火大会に匹敵する花火大会となっています。

今回は、東京湾花火大会の穴場、2017年の日程・時間、入場整理券の入手先、見どころなどをご紹介します!!

スポンサーリンク



*東京湾花火大会 ランドフィナーレの様子



東京湾花火が見えるホテル情報はこちらの記事をご覧下さい。

⇒東京湾花火大会が見えるホテル7選!

東京湾花火大会 2017の日程・時間・概要

今年の東京湾花火大会は下記の日程で開催される見込みです。

《日程》2016年○月○日(土)

《打ち上げ時間》18:50~20:10(予定)

毎年8月第2土曜日に開催されています。

※順延の予定はありません。

 

《場所》

東京都中央区晴海、東京港晴海ふ頭沖海上及び晴海ふ頭公園(予定)

※観覧会場は中央区立晴海運動場及びその周辺(予定)

 

《打上玉数》

約12,000発(予定)

 

《予想来場者数》

約70万人

 



 

《無料席》(予定)

①晴海主会場(約50,000人)*入場整理券要

②晴海第二会場(約30,000人)*入場整理券要

 

*中央区HP特設サイト「東京湾大華火祭」からの応募か、

ハガキでの応募で、抽選。

募集:6月中旬~7月中旬頃

 

③豊海運動公園会場(約8,000人)

自由入場可。満席になり次第終了。入場規制あり。

 

《有料席》(予定)

①晴海個人協賛会場(約5000人)1口7000円

②日の出会場(約3150人)1口7000円

③豊洲第1会場(約4,000人)1口5000円

*詳しくは、「中央区HP特設サイト」もしくは「チケットぴあ」にて

 

「東京湾大華火祭」の公式な概要については発表されていません。

6月頃には、詳細が決定しているものと思われますので、

下記、「中央区サイト」でご確認下さい

⇒  http://www.city.chuo.lg.jp/

スポンサーリンク


東京湾花火大会の見どころ

レインボーブリッジを臨む東京ベイエリアに、

大型花火や個性豊かな華やかな花火が打ちあがります。

 

やはり、東京湾花火大会の見どころはなんといっても、

尺五寸玉(直径45cm)10発です。

このサイズの花火は、都心では唯一、最大です。

 

また、尺玉も100発打ちあがり、大迫力の大型花火を堪能できます。

しかも、尺玉のうち20発は、名人と呼ばれる花火師による芸術玉です。

 

*東京湾花火大会 15号玉4連発の様子



 

また、ハート型やキャラクター型の個性的な形の花火や、

創意工夫に満ちた絢爛豪華な花火を楽しむことができます!

小さな子どもも楽しめますよね。

 

*東京湾大華火祭2012年ダイジェスト



 

東京湾花火大会の穴場スポット

東京湾花火大会は都内でも非常に人気の高いですので、

少しでも良い場所で花火を見ようと非常に多くの人で混雑します。

花火鑑賞の穴場スポット情報をご紹介しますので、

チェックしてぜひ参考にしてみてください!

 

穴場その1:お台場ビーチ

レインボーブリッジに阻まれて、花火の下部分は見づらいですが、

大型花火も多いので十分楽しめますし、

ビーチの雰囲気も味わえてロマンチックなロケーションです。

 

ただ、例年大混雑してしまうので、

夕方4~5時頃から場所を確保しておくと安心です。

お台場ビーチ


大きな地図で見る

 

穴場その2:辰巳桜橋

少し離れますが、車が通らない橋なのでゆっくり落ち着いて見られます。

ここは地元の人しか知らない穴場スポットです。

 

辰巳桜橋

江東区辰巳1丁目付近

(有楽町線「辰巳」駅/京葉線「潮見」駅付近)


大きな地図で見る

 

穴場その3:有明スポーツセンター展望台

お台場の景色とあわせて花火をゆっくり見られる超穴場ポイントです。

ベンチ装備の展望廊下から眺められ、近くに無料休憩室もあります。

 

有明スポーツセンター展望台

江東区有明2-3-5(ゆりかもめ「お台場海浜公園」駅付近)


大きな地図で見る

 

穴場その4:ウエストパークブリッジ

台場海浜公園とシンボルプロムナード公園を繋いでいる

フジテレビ横のウエストパークブリッジ。

 

自由の女神像付近は混雑しますが、

少し離れれば比較的ゆったり花火を楽しめます。

 

ウエストパークブリッジ

港区台場1丁目

(ゆりかもめ「台場」駅 、りんかい線「東京テレポート」駅付近)


大きな地図で見る

 

穴場その5:品川(埠頭周辺)

品川湾岸からお台場の夜景と、

レインボーブリッジ越しに見える花火を楽しめる穴場ポイントです。

一部立ち入り禁止区域があるので注意が必要です。

 

品川(埠頭周辺)

港区港南5丁目周辺(JR「品川」駅付近)


大きな地図で見る

 

穴場その6:潮風公園(北側)

レインボーブリッジ越しに花火が見えます。

例年、露店も出ますので楽しめます。

 

潮風公園(北側)

品川区東八潮1丁目周辺

(ゆりかもめ「台場」・「船の科学館」駅付近)


大きな地図で見る

 

おすすめ有料スポット

お金が掛かってしまいますが、おすすめの優良花火鑑賞スポットをご紹介します!

 

*アクアシティ

レインボーブリッジと東京湾に臨む

日本最大級のエンターテインメントショッピングモールでカップルにおススメです。

 

お食事をしながら、ロマンチックに夜景と花火を楽しめます

ただ、料金は普段の5倍程に跳ね上がりテラス席であれば18,000~20,000円程になります。

 

*東京湾から楽しむ《屋形船・水上バス》

東京湾花火大会は東京で唯一、海から打ち上がる花火大会です。

屋形船や水上バスからの絶景は、夏の花火を最も満喫できるポイントです。

 

《屋形船総合案内》

屋形船は、乗合船も貸切船も、一人30,000円程度と少しお高いですが、

屋形船からお酒を傾けて見る花火も風流です。

 

《水上バス》

水上バスからも楽しめます。大人20,000円程度です。

 

水上バスの一つに、将軍用の船として江戸時代に用いられた

豪壮華麗な「御座船(ござぶね)」がありますが、

この徳川将軍船で花火を観覧できるプランもあります。

スポンサーリンク

よく読まれている記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ