八戸花火大会 2017年の日程は?穴場スポット5選!

川や海を会場に開催される花火大会は日本全国にたくさんありますよね。

今回ご紹介する花火大会は漁港を会場にして開催される花火大会です。

今回の花火大会は青森県八戸市で開催される「八戸花火大会」。

視界を遮るものが少なく、多くの地点で花火を楽しむことができると人気を集めています。

 

見どころは100種類もの花火とスターマイン、仕掛け花火です。

今回は大迫力の花火を漁港で楽しむことができる

「八戸花火大会」の2017年の日程・時間や穴場スポット・見どころ、

有料席のチケット情報をご紹介します。

スポンサーリンク


八戸花火大会 2017年の日程・時間・場所

八戸花火大会は例年8月の第3日曜日に開催されるので、

2017年は8月20日(日)に開催見込みとなっています。

 

小雨では決行されますが、

荒天の場合は翌週の日曜日に延期になりますので注意してください。

打ち上げ時間は19時から20時半を予定しています。

開催場所は八戸館鼻漁港です。

 

青森県八戸市新湊3丁目付近

MAP:

 

JRの陸奥湊駅から徒歩約15分、

同じくJRの白銀駅から徒歩約15分の場所となっています。

車で行く場合は八戸道八戸ICから約30分で着きます。

駐車場の用意はありませんので、近隣で探すことになります。

 

しかし当日は交通規制が行われるので注意してくださいね。

できるかぎり公共交通機関を使っていくことをオススメします。

 

八戸花火大会の概要・見どころ

八戸花火大会は2016年で第36回を迎えます。

見どころはスターマイン、仕掛け花火など100種類にもなる花火の種類です。

 



 



大玉の打ち上げもあり、迫力満点です!!

 

様々な種類の花火が計5,000発も打ち上がる八戸花火大会は、

漁港が会場になっているので、視界を遮る高い建物がないのが特長です。

 

動画でも視界に高い建物が入らないことを確認いただけたと思います。

そのため、遠くからでも花火を楽しめると約14万人もの人が花火大会を訪れます。

また、打ち上げ場所と観覧場所が近いこともあり、

会場で見ると大迫力の花火を楽しむことができます。

スポンサーリンク


有料席・チケット情報

多くの人が詰めかける八戸花火大会なので、

特等席でゆっくりしながら大迫力の花火を楽しみたいですよね。

そんな方はぜひ有料席のチケットを手に入れてみてください。

 

八戸花火大会では有料席が用意されています。

お値段は4名用のシート席が5,000円となっています。

1人ずつ払えばそれほど高くないのでぜひチェックしてみてくださいね。

 

チケットは7月上旬より全国のローソンチケットか、

八戸観光コンベンション協会で手に入れることができます。

詳しくは八戸花火大会の公式HPをチェックしてみてくださいね。

 

八戸花火大会の穴場スポット

有料席のチケットもいいけれど、

あまり人のいない場所でゆっくり花火を堪能したいという方に

オススメの穴場スポット情報を集めましたので、ぜひ参考にしてみてください。

 

穴場その1:八戸市水産科学館マリエント

〒031-0841 青森県八戸市鮫町下松苗場14−33

MAP:

 

八戸市の水産業を紹介する施設です。

展示コーナーや体験コーナーなどがあるので、

小さなお子様連れの方でも楽しめる場所になっています。

また、展望レストランも入っているので、

花火大会の前に食事を楽しむこともできます。

 

打ち上げ場所からは若干離れてしまいますが、

小高い場所にあるため、キレイに花火を見ることができます。

さらに八戸の美しい夜景も堪能できますよ。

アクセスはJR八戸線の鮫駅から徒歩約15分の場所になります。

バスも八戸市営バスが出ており、岬町バス停から徒歩約3分の場所になります。

 

穴場その2:八戸港ポートアイランド緑地

〒039-1162青森県八戸市豊洲

MAP:

 

八戸港ポートアイランドは人工的に作られた島です。

釣りや散歩を楽しむ人に人気があります。

ベンチも多くあるので、ゆっくりと過ごすことができます。

花火の打ち上げ会場の真正面に位置し、敷地もとても広いので、

それほど混雑せずにキレイな花火を楽しむことができます。

花火と港の風景を一緒に堪能できるのもオススメの理由です。

アクセスは陸奥湊駅から車で約8分の場所になります。

歩くと1時間弱かかってしまうので、車で行く方にオススメです。

 

穴場その3:館鼻公園

青森県八戸市湊町館鼻

MAP:

 

陸奥湊駅から徒歩約10分の場所にある館鼻公園も穴場スポットです。

高い場所にあるので、花火を見下ろすような形になります。

展望スポットである「グレットタワーみなと」もありますが、

こちらに登らなくても花火は楽しめます。

トイレもあるので小さなお子様連れにもオススメです。

 

穴場その4:蕪嶋

〒031-0841青森県八戸市大字鮫町字鮫56−2周辺

MAP:

 

かぶらしまと読みます。

こちらはウミネコの繁殖地として知られている場所でもあるんです。

島の頂上には蕪嶋神社があります。

若干打ち上げ会場から距離がありますが、

視界には海しか入ってこない場所のため、キレイに花火を見ることができます。

鮫駅より徒歩10分弱の場所にあります。

 

穴場その5:八戸ラピア

〒031-0801青森県八戸市江陽2丁目14−1

MAP:

八戸市にあるショッピングセンター「八戸ラピア」の屋上駐車場も隠れ穴場スポットです。

会場からはかなり距離があるので仕掛け花火はあまり見えませんが、

打ち上げ花火ならば問題なく見ることができます。

トイレや食事の心配をしなくてよいので安心です。

花火のために開放しているわけではないので、車に気を付けながら花火を楽しんでくださいね。

アクセスは小中野駅より徒歩約10分の場所です。

 

 

いかがでしたでしょうか?

漁港で楽しめる花火大会、ありそうであまりないのがポイントです。

ぜひ花火と海しか見えない光景を楽しんでみてくださいね。

スポンサーリンク

よく読まれている記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ