なにわ淀川花火大会の穴場5選!2017年の日程・時間は?

大阪の真夏の風物詩といえば「なにわ淀川花火大会」!

2017年もいよいよ花火大会の季節が近づいてきましたね!

平成元年に「平成淀川花火大会」として始まり、今年で29回目を迎えます。

淀川と梅田の高層ビル群を背景に、花火が打ちあがる様は豪華絢爛!
毎年、テーマに沿った新しい演出が楽しめるのですが、淀川に半円上に開く花火や、大玉の連続打上

様々なモチーフをかたどったキャラクター花火など、見どころ満点。約2万発の花火が大阪の夜空を彩ります。

今回はなにわ淀川花火大会の穴場スポット、2017年の日程・時間と

概要、見どころ、ホテル情報などをご紹介いたします。

スポンサーリンク



*なにわ淀川花火大会ダイジェスト


第29回なにわ淀川花火大会 2017の日程・時間

《日程・打ち上げ時間》

日程:2017年8月  日(土)

打ち上げ

時間:19:50~20:40頃

雨天決行。

 

《場所》

淀川河川敷(新御堂筋淀川鉄橋~下流国道2号線)

 

《打上玉数》

未公開(約20,000発ともいわれています)

 

《予想来場者数》

約55万人

 

《有料席》有り

①  十三会場(弁当・茶・テーブル・パイプ椅子準備)

エキサイティングシート:

《前売》大人8,000円・子供5,000円/当日なし

 

アリーナシート:

《前売》大人7,000円・子供4,000円/《当日》大人8,000円・子供5000円

 

②  梅田会場(パイプ椅子)

《前売》大人4,500円・子供2,500円/《当日》大人5,000円・子供3,000円

 

③  納涼船(弁当・茶・テーブル・パイプ椅子)

《前売》大人16,000円・子供8,000円/当日なし

 

④  堤防パノラマスタンド(クッションシート)

《前売》大人2,500円・子供1,500円/《当日》大人3,000円・子供2,000円

 

*販売については

公式サイト/チケットぴあ/ローソンチケット/イープラス

スポンサーリンク


なにわ淀川花火大会の見どころ

なにわ淀川花火大会では毎年、テーマに沿った新しい演出が見られますが、

まずは、大迫力の大型花火で幕があき、

淀川に半円上に開く名物「水中花火」が楽しめます。

 

ど迫力の「大玉100連発スターマイン」なども打ち上げられます。

 

また毎年、「星」「りんご」「ニコちゃんマーク」など

可愛らしいモチーフをかたどったキャラクター花火や、

新作花火が登場し楽しませてくれます。

 

*2012年なにわ淀川花火大会(キャラクター花火は4:00〜)



 

そして、ラストは定番の大迫力な連続打上です。

水上と上空で次々に上げられる花火は圧巻です!

 

*なにわ淀川花火大会フィナーレの様子



是非、会場でこの花火を見たいものですね〜^^♪


なにわ淀川花火大会の穴場スポット

なにわ淀川花火大会は都心部のためになかなか穴場スポットが少なく、

最寄駅から淀川河川敷駅まで歩くのも例年大変ですが、

その中でもできるだけゆったり花火を鑑賞できる穴場スポットをご紹介します。

 

穴場その1:本庄公園付近

中津の少し先にある本庄公園付近でも綺麗に見ることが出来ます。

ゆっくり花火を楽しみたい方にはお勧めな穴場です。

 

大阪市北区本庄西3丁目11

(地下鉄御堂筋線「中津」駅/阪急千里線「天神橋筋六丁目」駅/

地下鉄堺筋線・谷町線「天神橋筋六丁目」駅)


大きな地図で見る

 

穴場その2:日本ペイントビル前(淀川河川敷)

ちょうど花火を見上げるような恰好になる絶好のポイントですが、

比較的ゆったりと楽しむことができます。

 

大阪市北区大淀北2丁目付近(最寄駅:阪急神戸線・宝塚線「中津」駅)


大きな地図で見る

 

穴場その3:海老江グランド付近(淀川河川敷)

淀川河川敷の中でも比較的すいているポイントです。

ゆったり観覧したい方は絶好の穴場です。

 

大阪市福島区海老江3丁目付近

(最寄駅:JR東西線・学研都市線「海老江」駅/

阪神本線「野田」駅/地下鉄千日前線「野田阪神」駅)


大きな地図で見る

 

穴場その4:大阪府咲洲(さきす)庁舎コスモタワー(旧WTCタワー)

展望台としては、東京スカイツリー、横浜ランドマークタワーに続いて、日本で三番目に高い展望台です。

 

通常は55階展望台までの入場しかできませんが、

大会当日は屋外展望スペース(第二展望台)が解放されているようです。

 

ただ、入場制限があるので早目の到着が必要です。

55階展望台でも十分楽しめます。

 

入場料:大人(高校生以上)500円/中学生以下200円

アクセス:ニュートラム「トレードセンター前」駅から徒歩3分

地下鉄中央線「コスモスクエア」駅から徒歩7分。


大きな地図で見る

 

穴場その5:梅田スカイビル空中展望台

大会当日は18時半までの第一部営業と、19時からの第二部営業に分かれます。

 

定員は400名とのことなのでお早目の到着と

第二部営業用のチケット購入が必要です。

 

入場料:大人700円、中・高校生500円、

小学生300円、幼児(3歳以上)100円

 

アクセス:JR「大阪」駅・阪急「梅田」駅・

地下鉄御堂筋線「梅田」駅より徒歩9分

 


大きな地図で見る

 

◆おすすめ有料スポット

*ホテルプラザオーサカ

淀川のすぐそばに建ち、絶好のロケーションです。

「淀川花火満喫パック」というプランが発売されていて、

ホテル内のレストラン(和食・中華・鉄板焼き)での食事が楽しめます。15,750円~
 

*ウェスティンホテル

大阪・梅田の中心地にあるホテルです。

花火大会当日は花火を観覧しながらのディナーが楽しめます。

「ブッフェ」タイプであれば大人10,000円程度で楽しめます。
 

その他の、なにわ淀川花火大会が見えるホテルも要チェックです!

 

*梅田「阪急32番街」レストラン

少し離れますが、地上100メートル以上の高さからの花火を楽しむことができます。

昨年夏にリニューアルされたばかりで、デートスポットとしては最適です。

スポンサーリンク

よく読まれている記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ