熱海花火大会の穴場6選!2016年の日程・見どころは?

「熱海海上花火大会」は、春夏秋冬一年を通して開催される珍しい花火大会です。

中でも、夏季花火大会は、7日間にわたって開催され、土日開催もあれば、平日開催もあり

非常に楽しみやすい花火大会といえます。

その歴史は古く、夏季花火大会は2016年で65年目を迎えます。

昭和24年に発生した「キティー台風」から復興した記念に、昭和27年に始まり、

今に至る、熱海の代名詞的花火でもあります。

今回はそんな熱海花火大会の穴場スポットと2016年の日程・見どころをご紹介します!

スポンサーリンク



*熱海海上花火大会2012年春季ダイジェスト映像



会場となる熱海湾は“花火を行うのに最高の舞台”ともいわれ、

三方を山に囲まれたすり鉢状の絶好の地形で、

名物「大空中ナイアガラ」を筆頭に、5000発の大迫力の花火が楽しめます。

 

都合のいい日にちに合わせて熱海観光と共に

楽しんでみてはいかがでしょう?

 

今回は「熱海海上花火大会」についての概要と、見どころ、

おススメス穴場ポットについて、ご紹介させて頂きます。

 

「熱海海上花火大会」2016年の日程・概要

《日程》

春季:4月9日(土)・5月14日(土)

20:20~20:45 (打上数:約3,000発)

 

夏季:7月24日(日)・29日(金)

8月5日(金)・8日(月)・18日(木)・21日(日)・26日(金)

各日20:20~20:50 (打上数:約5,000発)

 

秋季:9月19日(月・祝)

20:20~20:45 (打上数:約3,000発)

 

冬季:12月4日(日)・11日(日)・18日(日)

*雨天決行 (打上数:約3,000発)

 

《場所》

熱海湾(熱海港7.5m岸壁~海釣り施設)

 

《打上玉数》

・夏季7・8月は各日約5000発
・その他は各日約3000発

 

《予想来場者数》

約19万人(夏季開催合計)

 

《有料席》

※7月8月の夏季のみ有り

場所:親水公園レインボーデッキ第2工区一部(自由スペースでエアクッション付き)

定員:1600名

料金:1,000円

 

販売:

熱海温泉ホテル旅館協同組合(0557-81-5141)

熱海市観光協会(0557-85-2222)

熱海商工会議所(0557-81-9251)

http://www.atamicci.or.jp

 

当日券は有料観覧席入口にて当日17:30より販売

*「熱海温泉ホテル旅館協同組合」加盟施設の宿泊者には

《無料観覧席》が用意されます

 

問合せ:熱海温泉ホテル旅館協同組合(0557-81-5141)

http://www.atamispa.com/

 

《その他》メッセージ花火打ち上げ

熱海温泉宿泊者対象の先着5名に10,000円で打ち上げが可能です。

熱海温泉ホテル旅館協同組合(0557-81-5141)

http://www.atamispa.com/

スポンサーリンク


熱海花火大会の見どころ

見どころの一つは「会場」です。

 

三方を山に囲まれたすり鉢状の熱海湾は、

花火業者さんも絶賛する日本一の花火打ち上げ会場です。

そこに、5000発の大迫力の花火が上がります。

 

海上に次々と上がる花火と、

夜空に上がる大型の花火のコラボが圧巻の

「デジタルスターマイン」が楽しめます。

 

*熱海海上花火大会2012年春季「デジタルスターマイン」の映像



 

そして、メインは毎開催フィナーレを飾る、名物「大空中ナイアガラ」です。

 

*熱海海上花火大会2013年春季「大空中ナイアガラ」



 

しかも夏季最終日は「特大2尺玉」が上がるとのこと!

大玉の花火が夜空に花開く様は楽しみですね!

 

熱海花火大会の穴場スポット

熱海サンビーチ~熱海港の海岸線一帯が一般観覧場所となります。

 

広域ですので、混み合う中でも

十分楽しむことができますが、

駐車場の確保などが難しいようですので、

周辺の穴場ポイントをご紹介します!

 

穴場その1:熱海サンレモ公園

熱海湾のすぐ傍にある南国ムードあふれる公園です。

打上会場も近く花火がよく見える穴場スポットです。

 

静岡県熱海市和田浜南町6

アクセス:JR「熱海」駅→路線バス《熱海港・網代旭町行》

「マリンスパ前」よりすぐ


大きな地図で見る

 

穴場その2:熱海城

「東洋のナポリ」とよばれるほどの絶景の夜景と共に、

花火を楽しむことができます。

 

通常は17時閉場ですが、花火大会当日は時間延長で解放してくれます。

 

夜間特別営業18:00~21:00
入城料金 1000円
※城内見学料金、駐車場代含む。中学生以下無料。

 

アクセス:

JR「熱海」駅→路線バス《伊東・網代方面、多賀車庫行》「錦ヶ浦」より徒歩10分

JR「熱海」駅→路線バス《熱海港行・後楽園行》終点→ロープウェイ「頂上」駅より徒歩3分

大きな地図で見る

http://www.atamijyo.com/

 

穴場その3:MOA美術館・駐車場

少し会場からは離れますが、

十分花火を楽しむことができる穴場スポット。

 

静岡県熱海市桃山町26-2

アクセス:JR「熱海」駅→バス《MOA美術館行》


大きな地図で見る

 

穴場その4:マリンスパ熱海

熱海湾に面して建っているので、

施設内から花火の様子を楽しむことができます。

 

入場料:

大人:土日祝1300円・平日1200円

小・中学生:土日祝650円・平日600円

 

熱海市和田浜南町4-39

アクセス:JR「熱海」駅

→バス《熱海港行・後楽園行》「マリンスパあたみ」下車すぐ


大きな地図で見る

 

穴場その5:カフェ&レストランNagisa

テラスからは目の前で上がる花火を見ることができます。

料金:観覧席(1ドリンク付き)3,000円/ディナーコース付き5,000円

http://www4.tokai.or.jp/nagisa/index.html

 

穴場その6:熱海遊覧船サンレモ

花火大会の日には、花火観覧クルーズが楽しめます。

当日の運営状況は下記ページをチェックしてください。

 

熱海遊覧船サンレモ
http://s-m-atami.co.jp/sanremo/

 

*熱海温泉ホテル旅館協同組合

近隣のホテルや旅館から絶景を楽しむことができます。

また、熱海温泉ホテル旅館協同組合加盟施設の宿泊者には、

無料観覧席も用意されています。

 

熱海花花火が見えるホテル・旅館はとてもたくさんあるので、

こちらの記事にまとめましたので是非チェックしてみてくださいね!

⇒ 熱海花火大会が見えるホテル・旅館16選!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

1年を通じて花火を楽しめる数少ない熱海花火大会。

是非その素晴らしい花火を見てみてくださいね!

スポンサーリンク

よく読まれている記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ