足利花火大会の穴場5選!2017年の日程・時間と駐車場は?

100年の歴史がある行事、と聞くとすごいと誰もが思いますよね。

そんな歴史ある花火大会を今回はご紹介します。

今回ご紹介するのは2017年で103回目の開催になる「足利花火大会」。

栃木県足利市で行われる足利花火大会は明治36年より行われている歴史ある花火大会です。

見どころは大ナイアガラとスターマインの競演が打ちあがるフィナーレです。

今回はそんな歴史ある足利花火大会の穴場スポット、2017年の日程・時間、有料席、駐車場情報をご紹介します。

スポンサーリンク


足利花火大会 2016年の日程・時間・場所

2017年で103回目を迎える足利花火大会。

毎年8月の第一土曜日に開催され、2016年は8月5日(土曜)に開催される見込みです。

打ち上げ時間は19時 ~20時45分の間になります。

例年通りにいけば雨天の場合は翌日8月6日(日)に順延します。

 

開催場所は渡良瀬川田中橋下流の河川敷です。

栃木県足利市田中町周辺

MAP:

 

JR足利駅南口からは徒歩約5分、

東武伊勢崎線足利市駅からは徒歩約10分の場所が打ち上げ場所になります。

車で行く場合は東北道佐野藤岡ICから足利桐生方面に車で30分ほど行った場所になります。

 

しかし当日は車が大渋滞することが見込まれているので、

公共交通機関を使用することをオススメします。

周辺の学校や公共施設、ショッピングセンターなどが臨時駐車場として開放し、

約8,000台が駐車可能となっていますが、足利周辺の道路は単車線が多いので渋滞は避けられません。

どうしても車で行きたい場合は早めに行動することをオススメします。

 

足利花火大会の概要・見どころ

足利花火大会の見どころは何と言ってもフィナーレの大ナイアガラとスターマインです。



視界全てに花火がうつると言っても過言ではないくらい、

どこを見ても迫力のある花火が打ちあがっています。

ちなみに前半のクライマックスも見事です。



フィナーレ以外にも見どころは多く、尺玉花火や仕掛け花火が多く打ちあがります。

河川敷だからこそできる壮大な花火は見事ですよね。

 

足利花火大会は例年約2万発が打ち上げられ、37万人が訪れる足利市のビッグイベントです。

歴史がある花火大会ながら、ずっと豪華な花火大会を維持しているのはすごいことですよね。

スポンサーリンク


足利花火大会の有料席・チケット情報

多くの人であふれる足利花火大会ですが、

ゆっくり見るためにオススメなのが有料席での観覧です。

足利花火大会の有料席は渡良瀬川河川敷に作られます。

席の種類は2種類で定員大人5名ほどの桟敷席が17,000円、

大人10名ほどの有料観覧席1区画が8,000円となっています。

みんなで割ると一人当たりはなかなかお得な計算になるのではないでしょうか。

 

チケットは足利商工会議所のHPで毎年6月上旬より発売されるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

URL: http://www.ashikaga.info/

 

足利花火大会の穴場スポット

有料チケットを買うまでではないけれど、

やっぱり花火はゆっくり観覧したいなという方にオススメなのが

穴場スポットでの花火観覧です!

 

ここからはおすすめの穴場スポット情報をご紹介していきます!

 

穴場その1:田中橋の上

 

JR足利駅から徒歩10分ほどの場所にある田中橋の上は花火がキレイに見えるスポットです。

この場所の嬉しいポイントは、交通規制が敷かれ車がまったく通らなくなると言うことです。

安心して花火を見たい方にはとてもオススメですよ。

交通規制のため徒歩でしか行けないので注意してくださいね。

 

穴場その2:織姫公園

〒326-0817 栃木県足利市西宮町3889

 

歩くと駅から少し距離がありますが、こちらの公園も花火をキレイ見ることができるスポットです。

小高い丘にあるので、花火だけでなく足利の夜景も一緒に楽しむことができます。

近年少しずつ有名になってきている穴場スポットなので、早めに行って場所取りをすることをオススメします。

ちなみにこの織姫公園、もみじの名所としても知られているので、秋に行ってもキレイですよ。

 

穴場その3:足利税務署の裏にある土手

〒326-0053 栃木県足利市伊勢町4丁目18−2周辺

 

こちらはあまり知られていない穴場スポットです。

足利駅から徒歩約10分の場所にある足利税務署の裏手には土手があります。

ここは打ち上げ場所が近いので、とても綺麗に花火を見ることができますよ。

打ち上げ会場より少しだけ駅に近いので、終わったら急いで帰りたい人にもオススメです。

 

穴場その4:アピタ足利店の屋上

〒326-0823 栃木県足利市朝倉町245

 

足利市駅から車で約5分の場所にあるアピタ足利店の屋上も穴場スポットです。

ショッピングセンターなので食事やトイレの心配をしないで良いのは、

小さなお子様のいるご家族にオススメです。

駐車場なので気を付けて観覧してくださいね。

 

穴場その5:ヨークベニマル足利店の屋上

〒326-0823 栃木県足利市朝倉町2丁目21−16

 

足利市駅から車で約8分の場所にあるヨークベニマル足利店の屋上も穴場です。

駐車場は80台以上駐車できるスペースがあり、しかも無料で開放されています。

食材もたくさん売っているので、花火を観覧しながらつまみを食べるのもいいですよね。

無料開放は毎年とは限らないので、事前に確認してみてください。

 

こちらは足利市駅からだけでなく東武伊勢崎線の東武和泉駅から徒歩で行くこともできます。

 

いかがでしたでしょうか?

足利花火大会は駅から開催場所が近いのでアクセスも良く、

豪華絢爛な花火を楽しむことができます。

ぜひ夏の思い出に行ってみてくださいね。

スポンサーリンク

よく読まれている記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ