有明海花火フェスタの穴場!2017年の日程・時間と駐車場は?

8月も後半になると、どんどん海水浴場も閉まってきちゃいますね。

中には、お祖父ちゃんやお祖母ちゃんに、「お盆を過ぎた海はオバケがいて、

海に引きずり込まれちゃうんだよぉ~~」なんて言われたから、お盆を過ぎたら海に行かないって方もいらっしゃるかも?

 

本当は、お盆を過ぎると「台風の影響などで波が荒くなって溺れやすい」とか、

「クラゲが多くなって刺される可能性がある」かららしいんですが。

オバケうんぬんは、子どもを不用意に海に近づけないための先人の知恵なんでしょうね♪

 

でも、まだまだ暑~いっ!もっともっと海で遊びたいっっ!!

 

そんなアナタにピッタリの、海辺で楽しめる花火大会が「有明海花火フェスタ」っ♪

今日は有明海花火フェスタの穴場スポットや、2017年の日程・時間、有料席のチケット情報をお届けしちゃいます。

スポンサーリンク


有明海花火フェスタ 2017年の日程・時間と場所は?

有明海花火フェスタは今年2017年は8月◯日(日曜日)に開催されます!

 

少しくらいの雨でも花火大会は開かれますが、大荒れの場合は翌週の日曜日に順延しちゃいます。

つまり、予備日は「8月◯日」ってことですね。

 

 

そして、花火を打ち上げる時間は19:30~20:30の予定。

場所は有明海の干潟を間近で観察できることで有名な福岡県柳川市「むつごろうランド」です♪

 

失礼ながら、わりと辺ぴな場所にあるらしく、アクセス方法は多くはないです。

 

 有明海花火フェスタへのアクセス方法は?

 

■電車で行く場合

西鉄天神大牟田線西鉄柳川駅よりシャトルバス(無料)乗車(40分)→降車場から徒歩10分ほど

※当日は臨時シャトルバス(無料)も3便用意されています。

・柳川市役所→市民グラウンド東側→木下邸前(駐車場は物産公園)→終点

・マルキョウ南側→直行便

・有明まほろばセンター(駐車場有料)→直行便

 

■車で行く場合

九州道みやま柳川ICより車で40分ほど

 

ちなみに駐車場は3,000台完備!

駐車料金が一日停め放題で500円というのも嬉しいですね♪

 

ただし、ここからが注意!!

シャトルバス運行開始(15時)と同時に、周辺道路で車両進入禁止や通行止めといった交通規制が!

自家用車を利用される方は、必ず15時前には会場入りしておいてくださいねっ。

 

そして、帰りも要注意!!

すごく魅力的な花火大会なので、最後の最後まで居たくなってしまうのですが……。

公共機関である「西鉄天神大牟田線西鉄柳川駅」を利用される方は、

終電の時間を必ずチェックしておいてください。

ちらほらと、終電を逃しちゃった……という声が。

早め早めの行動がオススメなのです。

 

有明海花火フェスタの概要・見どころ

日時と場所―特に交通情報を要チェックしたところで、

個性あふれる有明海花火フェスタの魅力を紹介しちゃいます♪

 

有明海花火フェスタは今年で19回を迎える、花火大会としてはまだまだ若い大会です。

でも、だからこそ、いろいろなことに挑戦!

2008年には全長3517.23メートルにもおよぶ

仕掛け花火「ナイアガラ」でギネスブックに載ったりしちゃってます!!

 

そんな有明海花火フェスタの魅力は、まずは「場所」。

有明海の干潟を臨む場所で花火鑑賞だなんて、なかなか体験できないですよねっ。

早めに訪れて、干潟の野趣あふれる自然を楽しむというのもステキです♪

 

さらには飽きさせないよう凝らされた趣向も魅力。

フェスタは15時から開催されていて、花火以外にも地域の物産展やさまざまなイベントが催されています。

むつごろうランドにはアスレチックなどもあるので、小さなお子様が干潟に飽きても一安心!?

 

そして、やはり最大の魅力といえば―そうです、「花火」です!!

オープニングから音楽と花火がコラボしたミュージック花火が観客の心を、がっちりキャッチ!

昨年は、あの大ヒットアニメ映画のヒット曲と大輪の花火がオープニングを飾りました。



ギネスにのった仕掛け花火「ナイアガラ」は、安全性を鑑みて規模が縮小されました。

が、ただ縮小するだけでは面白くない!とばかりに、

2013年からヴァージョンアップされた「“スカイ”ナイアガラ柳川スペシャル」が登場~。

約1kmにわたって宙に浮かびあがる光の滝は超キレイ!

打ち上げ場所と観覧会場が近いこともあり、「まるで頭上から降り注いでくるようだ」と大評判なのです♪



他にも超特大の「二尺玉」など、約8000発の花火が有明海花火フェスタを彩ってくれちゃいます。

 

本当に目玉がいっぱいの花火大会ですよねっ!

有明海花火フェスタにかける関係者の意気込みが、まだまだ若い花火大会ながら

8万人もの観客を呼ぶイベントへ急成長させたのかも。

 

そんな観客・スタッフの熱気が渾然一体となった「有明海花火フェスタ」を贅沢に楽しみたい!

という方には有料席がオススメ!

ここからは有料席について紹介いたしますね♪

スポンサーリンク


有明海花火フェスタの有料席・チケット情報

有明海花火フェスタでは、バーベキューをしながら花火を楽しめちゃう、

そんな嬉し贅沢な有料席があったりしちゃいます。

バーベキューということもあり、有料席は1人いくらという計算ではなく、1テーブルごとの「セット販売」。

 

1テーブル(セット)最大5名で2万2000円なり♪

で、テーブル&イスといった、食材付きのバーベキューセットがパッケージされています。

売り切れ次第終了!

 

昨年の一般販売は7月1日からで、

当日券はないので「絶対バーベキューをしながら花火を楽しむぞっ!」という人は、

必ず予約を忘れないでくださいね♪

 

昨年の予約申し込み先は有明海花火フェスタ実行委員会(080-5802-2757)でしたが、

電話番号が変わっている可能性も……。

一度、柳川市観光課(0944-73-8111)に問い合わせるのが確実です。

 

有明海花火フェスタの穴場スポット

それでは、「有明海花火フェスタ」穴場スポットの紹介です!

 

穴場その1:むつごろうランド主会場南にある公園の池沿い

花火を間近で体験できる穴場スポット!

ちょっと変わった角度から花火を楽しめるのも嬉しい♪

ただ、本当の本当に間近&ちょっと逆風の時が多いそうなので、

耳が痛くなったり、火の粉でヤケドしちゃう可能性も……。

コチラで鑑賞される時は安全面に十分に考慮してくださいね?

 

穴場その2:柳川ひまわり園

人混みが苦手、という方にはオススメっ。

会場までの間に大きな建物もありませんし、ランド内と遜色ない花火が楽しめます♪

ヒマワリの時期が終わっちゃってるのが残念~!

 

干潟ということもあって見通しもよいので、付近の場所すべてが穴場スポットとも言えるかも。

スカイナイアガラ柳川スペシャルなど、面白い角度から見える場所を探してみるのも面白いと思いますよ♪

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

年々、さまざまな趣向を取り入れ成長してゆく「有明海花火フェスタ」!

その年一回だけでなく、夏の終わりを飾るにふさわしい花火大会として、

成長を楽しむのも面白いかも知れません。これからも要注目の花火大会ですね♪

スポンサーリンク

よく読まれている記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ