鹿嶋市花火大会の穴場3選!2017年の日程と時間・駐車場は?

海や川の近くで開催されることが多い日本の花火大会ですが、

湖で打ち上げられる花火大会もいくつかあります。

今回ご紹介する茨城県で開催される「鹿嶋市花火大会」は

日本で二番目に大きな湖「霞ヶ浦」を会場とする花火大会です。

 

波のある海より穏やかな湖は、空に上がる花火だけでなく

湖に映る美しい花火も堪能することができます。

鹿嶋市花火大会の見どころは迫力ある尺玉の108連発や

水中より打ち上がるスターマイン、

フィナーレに約1,000発も連続する超特大スターマインなどです。

 

今回は水面に映る花火と空に打ち上がる迫力ある花火を楽しむことができる

鹿嶋市花火大会の穴場スポット、2017年の日程・時間、見どころ情報をご紹介していきます。

スポンサーリンク


鹿嶋市花火大会 2017年の日程・時間・場所

鹿嶋市花火大会は8月下旬に開催されますが、

固定の日付に開催されてはおりません。

 

2012年は8月25日(土)、2013年は8/23(金)、

2014年は8月23日(土)、2015年8月29日(土曜日)

に開催されてきました。

 

2017年8月◯日(◯曜日)に開催される見込みです!

 

小雨の場合は決行しますが、荒天の場合は翌日に延期となります。

打ち上げ時間は19時半から21時を予定しています。

 

開催場所は大船津地内北浦湖上です。

茨城県鹿嶋市大船津北浦湖畔

MAP:

 

アクセス方法・駐車場は?

北浦湖とは霞ヶ浦の一部で、霞ヶ浦は先にも述べたように日本で二番目に大きな湖となります。

最寄駅はJR鹿島神宮駅で、駅からは徒歩約25分かかる場所が会場となります。

歩いて行くこともできますが、鹿島神宮駅からは無料のシャトルバスが17時から19時半、

20時半から21時半の間運行しているので、ぜひ利用してみてください。

車で行く場合は東関東道潮来ICより県道101号・国道51号線を経由して約5キロの場所になります。

 

会場の近くには駐車場はありませんが、臨時の駐車場が有料と無料と用意されています。

駅周辺の駐車場や鹿嶋市商工会館前、関鉄跡地臨時駐車場を利用してください。

鹿島商工会館前と関鉄跡地臨時駐車場前からも

臨時シャトルバスが運行しているので、会場までぜひ利用してみてください。

当日は18時半から20時半の間、会場周辺で交通規制が行われます。

車の往来ができなくなるので、注意してくださいね。

 

また、鹿嶋市花火大会では観覧禁止エリアがありますので記載しておきます。

このエリアには入らないよう気を付けてくださいね。

観覧禁止エリアとなるのは神宮橋と新神宮橋です。

これらの橋は鹿嶋市と潮来市を結んでいる橋で、

国道51号の北浦にかかっている橋になります。

最高のベストスポットであろう場所ですが、観覧禁止なのは残念ですね。

 

鹿嶋市花火大会の概要・見どころ

鹿嶋市花火大会の最初の見どころはオープニングの穏やかな湖より打ち上がる水中スターマインです。



鳥居をバッグに花火を楽しむのも素敵ですね。

 

その他にも関東随一と言われている尺玉の108連発やスターマインなど、迫力ある花火が目白押しです。

フィナーレでは約1,000発もの花火が休む間もなく打ち上げ続けられます。



鹿嶋市花火大会は1万2,000発もの花火が打ち上がります。

穏やかな湖の水面に映る美しい花火と、空に打ち上がる迫力ある花火を堪能するため、

毎年約18万人の人が訪れる茨城県の人気花火大会となっています。

スポンサーリンク


有料席・チケット情報

多くの人でにぎわう鹿嶋市花火大会ですが、残念なことに有料席の用意はないようです。

 

鹿嶋市花火大会の穴場スポット

有料席が設けられていない花火大会なので、

会場で花火を見るか自身で穴場スポットを探して観覧するかになります。

湖は広大で会場も広いので場所取りに焦る、というような花火大会ではないですが、

それでもやはり静かにゆっくりと花火を堪能したいですよね。

そんな方にオススメしたい美しく花火を楽しめる

穴場スポットの情報を集めましたので、ぜひ参考にしてみてください!

 

穴場その1:道の駅いたこ

茨城県潮来市前川1326−1

MAP:

 

花火大会を潮来市側から見る際にオススメの穴場スポットが道の駅いたこです。

打ち上げ場所からは少し離れてしまいますが、花火はキレイに見ることができます。

道の駅いたこ自体の営業時間は19時までで終わってしまうので、

食事などは早めにすませておくことをオススメします。

トイレや飲み物などの心配もしなくてよいだけでなく、鹿嶋市側より空いているのでオススメです。

電車で行く場合は難しいですが、車で出かける方はぜひ利用してみてください。

小さなお子様連れには特にオススメですよ!

 

穴場その2:かんぽの宿潮来

〒311-2404 茨城県潮来市水原1830−1

MAP:

 

こちらも潮来市側にある穴場スポットです。

日帰り入浴もできるかんぽの宿潮来からは、歩いて湖の付近まで行くことができます。

空いているだけでなく視界を遮るものがないのでキレイに花火を見ることができます。

時間がある方はぜひ宿泊もし、混雑とは無縁の花火大会を楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

穴場その3:鹿島城山公園

〒314-8655 茨城県鹿嶋市大字城山1丁目3034外56筆

MAP:

 

会場近くの高台の上にある公園が鹿島城山公園です。

北浦を上から見ることができるので、 花火は見下ろすように見る形になります。

アクセスは会場同様鹿島神宮駅を利用するのが便利です。

 

いかがでしたでしょうか?

広大な湖を舞台に打ちあがる迫力ある花火は夏の思い出にぴったりです。

この夏ぜひ足を運んでみてくださいね。

スポンサーリンク

よく読まれている記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ